安西慎太郎、章平、羽場裕一 出演 舞台 『スーツの男たち』 絶賛上演中!キャストコメントも到着!

2321

第五十一回 紀伊國屋演劇賞、シーエイティプロデュースが手がける、舞台『スーツの男たち』がアトリエファンファーレ高円寺にて上演中!

出演者は、舞台『幽霊』、日本テレビ『男水!』安西慎太郎、舞台『テイクミーアウト』、ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』章平、舞台『放浪記』、 数々のドラマで活躍の羽場裕一の三人芝居。

P3170289

物語の舞台は、ニューヨークのグランドセントラル駅。マフィアの殺し屋マックス(安西慎太郎)とボビー(章平)は待ち伏せしてある男を殺すはずが、間違って別の男を殺してしまう。 彼らのボス(羽場裕一)は仕事をしくじった手下に容赦ない。マックスは逃げようと言うが、ボビーは正直に謝ってしまった方がいいと主張する。結局二人は、バーモント州のボスの家まで夜通し車を運転して行くことに―――……。

しくじった仕事に動揺する若い二人の殺し屋の焦り、苛立を怒涛の台詞量で演じきる章平と安西慎太郎の演技は圧巻。ほぼでずっぱり演じきる彼らの情熱は、殺し屋マックスとボビーそのもの。仕事を失敗した時の若者の心情は古今東西同じ。ボスを前にどう振舞うべきかを懸命に考えもがく若い二人に感情移入せずにはいられない。そして、二人がもっとも恐れるボスこと羽場裕一の登場は、ダンディーかつエレガンス。怖いながらもどこか憎めない人間味あふれる悪役をベテラン俳優ならでは円熟の演技で魅了する。

本作に出演の安西慎太郎、章平、羽場裕一のコメントは以下のとおり。

■安西慎太郎

もう…やれるだけの事というか、自分たちが持っているものは全て作り上げたと思います。あとは、沢山のお客様に観ていただきたいと思います。「お客様に観て頂いて、初めて完成する」と思いますので、しっかりコンディションを整えてやっていきたいと思います。

■章平

今まで皆で作り上げてきました。キャパ80人という劇場なので、この一挙手一動がお客さんにばれてしまうというか、気が抜けない舞台であると思います。公演期間もある程度長いので、皆で頑張って乗り越えてゆかねばと思います。
…ぜったい公演を成功させます。楽しみにしていてください!

■羽場裕一

…いよいよ「スーツの男たち」始まります!
3人仲良くやってきました。
このまま仲良く楽しく終われることを目標に頑張らせて頂きます!
楽しみにしていてください。
ボスより(笑)

舞台『スーツの男たち』は、2017年 3月18日(土)~4月2日(日)全20公演
3月23日、24日、28日、30日、31日には、トークショーも開催予定!
詳細は、『スーツの男たち』公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る