安田顕、初主演!映画『俳優 亀岡拓次』1月23日(土)北海道先行ロードショー、1月30日(土)テアトル新宿ほか全国ロードショー!

「下町ロケット」、「龍三と七人の子分たち」、「水曜どうでしょう」で大泉洋と共に大ブレイク!超人気演劇ユニット“TEAM NACS”のヤスケンこと安田顕が、待望の映画主演に挑む!……が、(主役なのに)まさかの脇役?!

関連記事:北野武監督最新作 映画『龍三と七人の子分たち』 公開初日舞台挨拶レポート

本作で安田顕が演じるのは、俳優・亀岡拓次。
『俳優 亀岡拓次』サブ1
映画やテレビドラマなど、誰もが“どこかで見かけたことのある”役者。だけどパッと名前が思い浮かぶことはない。泥棒、チンピラ、ホームレス……演じた役は数知れず。大作(の脇役)から自主映画(の脇役)まで、声がかかればどこにでも、どんな役でも駆けつける名脇役。

現場では監督から重宝され、スタッフからの信頼も甚大だが、決してスポットライトのあたる場所には出てこない俳優。37歳独身で、彼女もナシ。趣味はお酒。ひたすら撮影現場と酒場を行き来する日々を送っている。

そんな地味な亀岡の人生が、居酒屋の女将に恋をして動き出すのだが……。
『俳優 亀岡拓次』サブ2

原作は、芥川賞候補にもなった作家・戌井昭人の同名小説。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を主宰し、俳優としても活躍する著者の“業界あるある”が満載。

亀岡が恋する小さな居酒屋の若女将・安曇を魅力的に演じるのは麻生久美子。皆の心を柔らかく虜にする、まさに癒しのマドンナだ。亀岡が憧れる舞台女優・松村夏子には、三田佳子。圧倒的な存在感で大女優の風格を生々しく醸し出す。山﨑努はあの名匠を彷彿とさせる風貌で大御所監督として登場、強い印象を残す。

劇中で撮影されている数々の映画の監督役には、、、新井浩文、染谷将太、そして、『さよなら渓谷』『まほろ駅前狂騒曲』で知られる本職の映画監督・大森立嗣。そのほか、宇野祥平、杉田かおる、工藤夕貴、浅香航大ら稀代の演技派たちが顔をそろえる。

監督は横浜聡子。松山ケンイチ主演『ウルトラミラクルラブストーリー』以来、6年ぶりの長編新作。安田顕の魅力に惚れこんだ彼女が亀岡拓次という不器用だけど愛すべきキャラクターを生み出し、心温まるストーリー展開の中で奇想天外なイマジネーションを発揮。国内外で熱く期待される若手監督の新境地が見られることにも注目される。音楽はNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で日本レコード大賞作曲賞を受賞した大友良英が手掛ける。

第28回 東京国際映画祭 アジアの未来部門 正式出品作品
映画 『俳優 亀岡拓次』は、1月23日(土)北海道先行ロードショー、1月30日(土)テアトル新宿ほか全国ロードショー!
詳細は、公式サイトへ
http://kametaku.com/

『俳優 亀岡拓次』チラシ【表】『俳優 亀岡拓次』チラシ【裏】

『俳優 亀岡拓次』

出演:安田顕 麻生久美子 宇野祥平 新井浩文 染谷将太 浅香航大 杉田かおる 工藤夕貴
三田佳子 山﨑努
監督:横浜聡子『ウルトラミラクルラブストーリー』
原作:戌井昭人「俳優・亀岡拓次」(フォイル刊)
音楽:大友良英「あまちゃん」
協力:文藝春秋(「俳優・亀岡拓次」文春文庫刊/「のろい男 俳優・亀岡拓次」文藝春秋刊)
製作:『俳優 亀岡拓次』製作委員会
配給:日活
2016年1月30日(土)テアトル新宿ほか全国ロードショー
(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る