映画『ヘイル、シーザー!』こんなにぶん殴られるジョージ・クルーニー見たことない!ビンタ連発映像解禁!!

5月13日(金)より全国公開。アカデミー賞受賞監督コーエン兄弟の華麗なる集大成ともいうべき最新作『ヘイル、シーザー!』。本日、ジョージ・クルーニーがジョシュ・ブローリンにビンタされまくる本編映像が公開された。


本作は、1950年代、ハリウッドが“夢”を作り、世界に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中に、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)誘拐事件が発生!撮影スタジオは大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”(ジョシュ・ブローリン)。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など、撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込んで、世界が大注目する難事件に挑む。

今回解禁された特別映像は、ジョージ・クルーニーがジョシュ・ブローリンにビンタされまくるという滑稽なワンシーン。
2457_D014_00149R_CROP
ハリウッドを代表するスター俳優である2人が、コーエン兄弟独特のユーモアあふれるキャラクターを生き生きと演じる。

本作の舞台は、ハリウッド黄金期の撮影所。ジョージ・クルーニー演じるスタジオのスター俳優ウィットロックは、おバカゆえ周りの言葉に影響されスタジオに対し否定的な意見を持つように。そして「俺たちは芸術を作っていると勘違いしている」と、撮影を拒否するまでに。それに対しスタジオの何でも屋であるエディ(ジョシュ・ブローリン)はぶち切れ、ウィットロックに対しビンタを連発!!「ムショ行きにしてやるぞ」と恫喝しながらも、スタジオで作る映画の価値を力説。その迫力とビンタに怯え、弱気な表情でウィットロックはトボトボと撮影現場に帰っていくワン・シーン。
2457_TP_00075R

ジョシュ・ブローリンのビンタの容赦なさと、ジョージ・クルーニーのマヌケな表情に思わず笑いが漏れてしまう2人のやり取り、このシーンの撮影が一番楽しかったとジョシュは語る。

2457_D014_00176R

「リハーサルの予定が入っていたある日、クルーニーはスケジュールに都合がつかずイギリスにいたんだ。ジョエル(監督)に、クルーニーからのメールを見せてもらったのだけど、『リハーサルに参加できなくてごめん。次に会った時には思い切り僕を平手打ちしてもいいから!』と書いてあったのだよ(笑)」と、容赦なくビンタできた理由を笑いながら明かし、続けて彼の人間性を高く評価。「ナイスガイだね。クルーニーとの付き合いはそれほど長くはないけど、とにかく彼との仕事は楽しかった。というのも、地に足がしっかり着いた気さくな男だからね。スタッフで自分を囲むような男ではないんだ」と。コーエン兄弟作品では毎度おなじみのマヌケなキャラクターを演じてきたジョージ・クルーニーが、今回のウィットロックも彼の為に作られたおバカキャラを演じる。この配役に対し「コーエン兄弟は毎回『君にはこのまぬけを演じてもらう』と言って脚本を送ってくるんだ。僕はいつも喜んで引き受けるけれど、こんなに愚かなキャラクターだとは知らなかったよ(笑)。でも、毎回彼らが僕を笑い者にしてくれるのをとても楽しんでいるよ」とコメント。そしてジョシュ演じるエディのキャラクターについては「エディ・マニックスは、全てのキャラクターの父親的存在であると思う。エディにとっての問題というのは、金持ちでエゴイストな、まるで子供のようなスター達の面倒を見なければならないということ。彼の役割は右も左も分からないようなスター達にとっての父親的存在であることなのだろうね」と語り、ビンタシーンの背景にあるウィットロックとエディの関係性を分析した。

『ヘイル、シーザー!』5月13日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー
詳細は、『ヘイル、シーザー!』公式サイトへ

監督・脚本・製作:
ジョエル&イーサン・コーエン『ファーゴ』、『ビッグ・リボウスキ』、『ノーカントリー』、『トゥルー・グリット』
キャスト:
ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、アルデン・エーレンライク、
レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマンド、
ティルダ・スウィントン、 チャニング・テイタムほか
(C) Universal Pictures
配給:東宝東和

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る