映画『日本で一番悪い奴ら』綾野剛が”日本で一番悪い”警官姿で敬礼! 等身大サイズのスタンディパネルが劇場に登場!!

nichiwaru_1800_900_0422_ol.ai

日本警察史上、最大の不祥事といわれる驚愕の事件を題材に、一人の刑事の歪んだ正義が暴走するエンターテインメント『日本で一番悪い奴ら』。実際の事件をベースにした本作で、綾野剛は「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、あらゆる悪事に手を汚していく北海道警察の刑事・諸星要一の26年間を演じきる。
nichiwaru_subsub2

『グッドフェローズ』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などマーティン・スコセッシ監督が描くアウトローの一代記のごとき魅力をはなつ作品としても評価が高まってきている本作、4月25日(月)に行われた完成披露試写会では、”日悪(ニチワル)紙幣”と称した5億円相当のデザイン紙幣をばら撒き、さらには劇中でS(エス)(スパイ)をつくろうと主人公・諸星が
名刺を街中に配り歩くシーンを模し、劇中さながら諸星の名刺を会場じゅうに大量に降らせるなどといった、ブラック・チャーミングな施策を実施し全国にS(エス)が増殖中!
IMG_1395

news

本日、映画公開に先立ち、綾野剛扮する刑事・諸星要一のスタンディパネルが劇場に登場。大きさは、高さ180cm×幅90cmの等身大サイズで生真面目な顔とも不敵な笑みとも取れる表情で劇場に降臨。警官姿で凛々しく敬礼している手には、手錠がかかっている構図になっており、果たして北海道警察 銃器対策課のエース・諸星は犯人を捕らえる側か?それとも捕らえられる側なのか!?

日本一ワルな刑事と裏社会のタッグが巻き起こす”ヤバすぎる事件”をエンターテイメントとして描いた本作のストーリーを想起させるデザインになっている。
全身全霊で拳銃摘発にまい進した諸星の隣で敬礼すればあなたも諸星のS(エス)の仲間入り!?

『日本で一番悪い奴ら』スタンディパネルは今週末より丸の内TOEI、渋谷TOEI、109シネマズ二子玉川など全国の上映劇場にて設置予定。
※一部、取扱いがない劇場がございます。最新情報は映画館にお問い合わせ下さい。

映画『日本で一番悪い奴ら』は、6月25日(土)より全国公開!!
詳細は、映画『日本で一番悪い奴ら』公式サイトへ

nichiwaru_posters

【STORY】
日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?
大学時代に馴らした柔道。その腕っ節の強さを買われ、北海道警・刑事となった諸星要一。強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井から刑事の“イロハ”を叩き込まれる。それは「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、“S”(“エス”=スパイ)をつくれ。」というものであった。村井に言われた通り裏社会の“S”を率い、「正義の味方、悪を絶つ」の信念の元、規格外のヤバすぎる捜査をまっとうしていく諸星だが――。

映画『日本で一番悪い奴ら』
監督:白石和彌  脚本:池上純哉  音楽:安川午朗
出演:綾野剛 ・ YOUNG DAIS 植野行雄(デニス) ピエール瀧
配給:東映・日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 企画協力:フラミンゴ
製作:『日本で一番悪い奴ら』製作委員会(日活 東映 木下グループ カルチュア・エンタテインメント ぴあ GYAO ポニーキャニオンエンタープライズ)
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る