鈴木央の描き下ろしオリジナルストーリー!『七つの大罪 聖戦の予兆』Netflixでストリーミング配信決定!!

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供する Netflix(本社:米国カリフォルニア州ロス・ガトス)の日本法人である Netflix株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長グレッグ・ピーターズ)は、2016年9月2日(金)より、TVスペシャル『七つの大罪 聖戦の予兆』(全4話)を毎週金曜日に1話ずつストリーミング配信する。

監督は『魔法先生ネギま!~もうひとつの世界~』などを手掛けたところともかず、シリーズ構成・脚本に『少女たちは荒野を目指す』の綾奈ゆにこ、アニメーション制作はTV第1期シリーズに引き続きA-1Picturesが、声優陣もメリオダス役の梶裕貴をはじめ『七つの大罪』のメインキャストが続投。日本以外の全世界へは今後順次ストリーミングを予定している。なお、アジア以外のエリアでは独占配信となる。

本作は、平和が戻った王国で、日常を取り戻した彼らが次の冒険に出るまでのつかの間の日々を描いた全4話。鈴木央による大人気漫画『七つの大罪』。王都奪還のその後を鈴木央みずから完全描き下ろしたストーリーがオリジナルアニメ化。

物語は、激しい戦いののちに、ようやく平和が訪れた<七つの大罪>とエリザベス、ホーク。メリオダスたちは豚の帽子亭に戻り、平和な毎日を過ごしていた。しかし、彼らの日常が普通で済むはずはなく……。なお、メリオダスがエリザベスと出会い、冒険の始まりからを描いた『七つの大罪』(全24話)はNetflixでストリーミング配信中。 

最新情報は、『七つの大罪 聖戦の予兆』公式サイトへ

『七つの大罪 聖戦の予兆』
全4話 (第1話:黒き夢のはじまり 第2話:二人の喧嘩祭り 第3話:初恋を追いかけて 第4話:愛のかたち)

【スタッフ】 
原作:鈴木央(講談社「週刊少年マガジン」連載) 監督:ところともかず
シリーズ構成:綾奈ゆにこ 脚本:綾奈ゆにこ・木戸雄一郎 キャラクターデザイン:佐々木啓悟
総作画監督:須藤智子・伊藤公規 音楽:澤野弘之、和田貴史 制作:A-1 Pictures

【キャスト】 メリオダス:梶裕貴 エリザベス:雨宮天 ホーク:久野美咲 ディアンヌ:悠木碧 バン:鈴木達央 キング:福山潤 ゴウセル:髙木裕平 マーリン:坂本真綾 ギルサンダー:宮野真守 ハウザー:木村良平 グリアモール:櫻井孝宏 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る