岩谷時子の命日に、越路吹雪の「ラストダンスは私に」歌碑除幕式に真琴つばさ・龍真咲が来場!

4

本年2016年は、歌手の故・越路吹雪の三十七回忌であるとともに、越路吹雪のマネージャーにして作詞家の故・岩谷時子の生誕100年の年。11月7日の越路吹雪の命日を前に、また岩谷時子の命日である10月25日に、越路吹雪の歌碑に二人の写真と合わせ、「ラストダンスは私に」の歌碑を新たに設置する運びとなり、麻布山善福寺にて「ラストダンスは私に」歌碑除幕式を行われた。除幕式には、両者と同じく宝塚のOGで、岩谷時子訳詩の楽曲を数多く歌っている真琴つばさ、今年9月に宝塚を退団した元月組トップスターの龍真咲が来場し、歌碑の除幕および献花が行った。その後ふたりは取材を受け、越路さん、岩谷さんへの想いを次のように振り返った。

1
真琴 「初めて歌碑を見て、越路さんが天国から見守ってくれている気がしました。これからも越路さんの歌をただ歌うだけでなく、そこに込められた心や魂をずっと伝えていきたいです。11月7日のトリビュート・コンサートでは『愛の讃歌』をみんなで歌わせて頂きます。越路さんは“魅せる”という言葉が最も似合う方だと思います。宝塚OGにとっては雲の上の特別な存在ですが、ただ見上げるだけではなく、少しでも何かを受け継いでいきたいと思います。」

龍  「宝塚100年の歴史の中の新しい世代として、私は私なりに越路さんのたくさんの曲や、岩谷さんの詩を歌っていきたいです。越路さんの影響力は、いまでも世代を越えて脈々と引き継がれています。今回、トリビュート・アルバムで『愛の讃歌』を歌わせて頂きました。卒業公演でも歌った曲なので、私にとってとても思い入れのある曲で、今回またレコーディングを出来て改めて感動しました。」

11月7日には、真琴つばさも出演する「岩谷時子メモリアルコンサート~Forever~」が開催。同じく宝塚OGである杜けあき、姿月あさと、凰稀かなめのほか、入野自由、岡幸二郎、田代万里生、中川晃教、新妻聖子、福井晶一といった錚々たるミュージカルスターたちが出演する。

◆岩谷時子メモリアルコンサート~Forever~
場所:中野サンプラザホール(東京都中野区中野4-1-1)
日時:2016年11月7日(月)
昼の部14:30開演(14:00開場)
夜の部18:30開演(18:00開場)
公演に関するお問い合せ:株式会社アイエスTEL 03-3355-3553

また、12 月21 日には、真琴つばさ、龍真咲ら、多くの宝塚 OG のトップスターたちが参加している越路吹雪 37 回忌トリビュ ート・アルバム「越路吹雪に捧ぐ」のリリースも発表!越路吹雪の代表曲、名曲や幻の曲の数々を、宝塚歌劇団100年の歴史を彩った各組のトップスター達によって、それぞれの色彩で歌い継いでゆく3枚組メモリアル・ディスク。CD2枚組に収録される全約40曲(予定)の内、27曲が本作のための録り下ろし。DVDにはレコーディングドキュメンタリー映像ほかを収録。

<新録音アーティスト/収録曲>
安奈 淳 「ラストダンスは私に」
麻実れい 「眠れぬ夜の長恨歌(朗読)」
寿ひずる「夢の中に君がいる」
剣 幸「愛の讃歌」
杜けあき「枯葉」
安寿ミラ 「愛の幕切れ」「洒落にしましょう」
涼風真世「筏流し」
久世星佳「パダム・パダム」
稔 幸「ビギン・ザ・ビギン」
真琴つばさ「ジジ・ラモローゾ」「人生は過ぎゆく」
姿月あさと「シャンソン」
湖月わたる「ろくでなし」「ブギウギ巴里」
春野寿美礼「ジュテムレ」「群衆」
貴城けい「セ・シ・ボン」「君を待つ」
水 夏希「水に流して」「家へ帰るのが怖い」
壮 一帆「イカルスの星」「恋ごころ」
凰稀かなめ「サン・トワ・マミー」「パリ野郎」
龍 真咲 「雪が降る」「愛の讃歌」

<その他収録曲>
深緑夏代「巴里の夜」「悲しみよこんにちは」
朝丘雪路「アイ・ラヴ・パリ」
麻実れい「明日は月の上で」「バラ色の人生」
大浦みずき「ケサラ」「群衆」
杜けあき「誰もいない海」
一路真輝「ラストダンスは私に」「アマリア」
稔 幸「メランコリー」
姿月あさと「そして今は」
越路吹雪「愛の讃歌」
【計 40 曲収録予定】

詳細は、越路吹雪トリビュート・アルバム 「越路吹雪に捧ぐ」公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る