映画『ミュージアム』 西日本5都市、大ヒッ​ト御礼舞台挨拶に、主演・小栗旬と大友啓史監督が登壇!!

 2週連続実写NO.1の大ヒットを記録!映画『信長協奏曲』を始め主演映画が連続ヒット、今最も勢いのある俳優・小栗旬と、『るろうに剣心』シリーズで、日本映画に新風を巻き起こした大友啓史監督の史上最強のタッグが世におくる衝撃のノンストップスリラーエンターテイメント『ミュージアム』。先週末11月19日、20日の2日間で、本作の大ヒット御礼舞台挨拶ツアーを実施。福岡、広島、大阪、京都、名古屋の西日本5都市の劇場に主演・小栗旬と大友啓史監督が登壇し、大盛況のイベントとなった。

 舞台挨拶は福岡からスタート。割れんばかりの歓声に迎えられ登壇する二人。「福岡の印象はどうですか?」とMCから聞かれた小栗は「着いたばかりでなのですが(笑)。博多ラーメンが好きなので食べたいです。」とご挨拶。大友監督からは「上映終了後ということですが、皆さんの楽しそうな顔を見て安心しました。」とコメント。MCから「せっかくなので、会場のお客様からも質問を募集します」と提案すると約30名の人が一斉に手を挙げながら、小栗に手を振る場面も。男性からの質問で「小栗さん大好きです!!!」と意外な質問に照れ笑いの小栗。「ありがとうございます。同姓から愛されるのは嬉しいです。」と受け答えをした。

続いて広島へ移動。広島での質問コーナーを実施。時間の都合で当てられなかった男性客に、最後にお小栗から「質問なんだったの?」と話しかけると、「どうやったらそんなにカッコ良くなれますか?」と衝撃の質問が飛び出し「指さなくて良かった。なんだそれ(笑)」と苦笑い。どこに行っても男性からもモテモテな小栗。会場のお客様にメッセージを求められた小栗からカエル男にマイクを向けて、イジル場面も見られるなど、終始リラックスのなか舞台挨拶は行われた。

img_0164

 2日目は、大阪からスタート。大阪ではカーアクションのシーンと、重要文化財に指定される「大阪府立中之島図書館」(大阪市北区)では、主人公の沢村が動揺を抑えきれず物に当たるシーン(刑事課のシーン)が撮影された。当時、小栗は大友啓史監督から「好きに感情をぶつけて」と言われ、置いてあった棚を思い切り蹴飛ばしたところ、美術スタッフから申し訳なさそうに「(図書館からの)借り物で、大変なことになるのでこれだけは蹴らないでくれませんか」と厳重注意を受けたと激白。「結果、テーブルを蹴ることになった」と撮影のエピソードを披露して会場を沸かせた。また、妻夫木さんとの共演シーンについてMCから聞かれると、「妻夫木くんの中でカエル男が沢村に『こんなに執着するのは愛しかない』と決まったみたいで、役作りは僕を愛するところから始めたらしい。現場でもいろいろ愛してもらいました(笑)」と小栗。MCからも「そんな誤解を生むような」と突っ込まれ、会場の爆笑を誘う発言も飛び出した。

舞台挨拶は大阪に続き、京都・名古屋と計2日間で8回を実施。カエル男も途中参加する演出もあり、時に、写真撮影の時間にマスコミの後ろから現れ、時に小栗と監督に気付かれないようステージに現れるなど、今作ならではの展開も用意されていた。そして舞台挨拶の最後に超サプライズとして行ったのが、会場からの写真撮影タイム。「皆さんも写真撮ってくれていいですよ!」と小栗の発言に会場は大パニックに!悲鳴にも似た歓声と、カメラの連射音が会場に響き渡る中、笑顔の小栗と大友監督。写真撮影タイムは全ての劇場で行われた。

最後の地となった、名古屋での舞台挨拶では、会場の観客にカエル男グッズが当たる抽選会を実施。小栗とのじゃんけん大会が行われ、見事勝ち残った10名がプレゼントを受け取った。大友監督から「スタッフ、キャストみんなで力を入れた作品です。ぜひ、皆さんも大友組の一員です。これからも映画を広めてください。」とご挨拶。小栗は「この隣にいるカエル男は、宣伝部部長の出目さんです(笑)。とマイクを向けるとカエル男から「ゲェ!」という肉声を拾い最後まで会場の笑いを誘った小栗。「映画気に入って頂けたら嬉しいです。」とご挨拶をし、すべての舞台挨拶は終了した。

映画『ミュージアム』は、大ヒット上映中!
最新情報は、映画『ミュージアム』公式サイトへ 
『ミュージアム』_ティザーポスター
出演:小栗旬 尾野真千子 野村周平 丸山智己 田畑智子 市川実日子 伊武雅刀 / 大森南朋 松重豊 / 妻夫木聡
原作:巴亮介『ミュージアム』(講談社「ヤングマガジン」刊)
主題歌:ONE OK ROCK “Taking Off” (A-Sketch)
監督:大友啓史
脚本:髙橋泉 藤井清美 大友啓史
音楽:岩代太郎
製作:映画「ミュージアム」製作委員会
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 巴亮介/講談社 © 2016映画「ミュージアム」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る