明日開幕!ミュージカルコンサート「I Love Musical」 音楽監督 鎌田雅人さんインタビュー!

9月2日(土)、9月3日(日)東京グローブ座にて、ミュージカルを愛する豪華キャストによるスペシャルミュージカルコンサート「I Love Musical」の第4弾が上演されます。出演者は、泉見洋平、岡田浩暉、カン・テウル、坂元健児、渡辺大輔、井上智恵、貴城けい、増田有華、莉奈 の9人。

第4弾の本作では、ミュージカル作品のヒストリーを辿りながら、珠玉のミュージカルナンバーを堪能できる公演となっており、ミュージカルファンには新たな発見を。そして、ミュージカル初心者の方にも楽しめる内容となっています。

◇当日披露予定楽曲の一部
南太平洋 「春よりも若く」、レ・ミゼラブル 「カフェソング」、リトル・ショップ・オブ・フォラーズ「プロローグ」、ミス・サイゴン「why god why?」、エリザベート「闇が広がる」、ルドルフ ザ・ラスト・キス「明日への階段」、あの日々「あの日々」、RENT「one song groly」、ミー・アンド・マイ・ガール「顎で受け止めて」、モーツァルト「星から降る金」、ロミオ&ジュリエット「エメ」、愛と青春の宝塚「踊ってあなたらしく」、ジギルとハイド「in his eyes」、ジギルとハイド「alive」、テン・ミリオン・マイルズ「星への願い」他

構成・演出は、今年3月に、日本演出家協会主催 若手演出コンクール2016 最優秀賞受賞・観客賞受賞をW受賞。hicopro主宰・演出家 永野拓也。そして、音楽監督は、2000年、日本レコード大賞優秀作品作曲賞を受賞。音楽喜劇「のど自慢」、ミュージカル「花・虞美人」、THE EMPTY STAGE(即興演奏)、THE ALFEE(編曲)、アイリスオーヤマCM「トイレのモコモコ泡スプレー」(歌唱)で活躍の鎌田雅人。

いよいよ明日開幕の本作品について、音楽監督の鎌田雅人さんに本作についてお話をうかがいました。

–本作のナンバーで、ご自身が観劇されたりと特に印象深い楽曲はありますか?

エリザベートの楽曲、「闇が広がる」です。帝国劇場で何度か観ております。演奏していても、サビの部分、気がつくと、一緒に歌ってたりします。

—数々のヒット曲、そしてご自身の音楽活動でもで知られる鎌田さんですが、舞台やミュージカル、そして俳優のみなさんの魅力を引き出す際、どのような点を意識した表現・作品づくりを心がけていらっしゃいますか?

演者が歌っている時の気持ちを吸い上げて、歌いやすい演奏や作編曲を心がけるようにはしています。どこか不安な部分がないかなど考えますが、演奏中に考えすぎると、僕が間違うので(笑)、楽しさと真面目さとのバランスを取りながら。

—本作の見どころと意気込みをお願い致します。

みなさん初めて歌う、全員が果敢に挑戦する「ジキル&ハイド・メドレー」、オススメです。

あと、日本で初めて「RENT」が上演された時のキャストである、泉見洋平さんと、現在のRENTのBAND MEMBERであるギタリスト、宮永治郎さんの共演も、RENTファンには熱いと思います。

個人的には、井上智恵さんの披露楽曲(曲名は本番でのお楽しみ)の音源を、晩酌するときの肴としております。泣けます。

ミュージカルコンサート『I Love Musical』は、9月2日(土)、9月3日(日)に東京・グローブ座にて全4公演。

詳細は、ミュージカルコンサート『I Love Musical』公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る