辻仁成 原作・脚本・演出『99才まで生きたあかんぼう』 村井良大 主演、松田 凌、玉城裕規、馬場良馬、松島庄汰、松田賢二 出演で初舞台化!2018 年 2 月・3 月、上演決定!

 辻仁成原作『99才まで生きたあかんぼう』が、本人の脚本・演出により、2018年2・3月に上演されることが本日明らかになった。本作は、生まれたままの純粋なあかんぼうが成長とともに大人になり、様々な経験を経て、やがて歳を取り、また子供の気持ちに戻り、この世を静かに去っていく、1人の男の、0才から99才までをつづった一大叙事詩。その時代や場所に登場する人たちをキャスト6人だけで演じ分ける。主演は、ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』村井良大、NTV・舞台『男水!』松田凌、BSスカパー・舞台『弱虫ペダル』玉城裕規、馬場良馬、ANN『仮面ライダードライブ』松島庄汰といった人気実力派メンバーが揃い、さらにベテランの松田賢二、計6人のキャスト。
 2014年4月に辻仁成原作・脚本・演出の『海峡の光』で柿落としを飾った「よみうり大手町ホール」で、4年ぶりに辻仁成がオリジナル作品の演出を手掛ける。凝縮された空間の中、少数精鋭のキャストで喜怒哀楽を描く。チケットは、2017年11月25日(土)‹東京公演› 、2017年12月3日(日)‹大阪公演›発売予定。

《公演概要》

『99才まで生きたあかんぼう』

原作・脚本・演出: 辻 仁成
音楽:SUGIZO
出演:村井良大、松田 凌、玉城裕規、馬場良馬、松島庄汰、松田賢二

公演日程
◇東京公演 2018年2月22日(木)~3月4日(日) 【よみうり大手町ホール】
◇大阪公演 2018年3月24日(土) 【梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ】

一般発売:
2017年11月25日(土)‹※東京公演›
2017年12月3日(日)‹※大阪公演›

企画・製作:日本テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る