黒鯛プロデュース 第15回公演 『恋の骨折り損』 出演、SONICインタビュー!

10月18日(水)より、東京・池袋シアターグリーン Box in Box THEATERにて、黒鯛プロデュース 第15回公演 黒鯛版 笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 が上演。本作は、シェイクスピアの『恋の骨折り損』をモチーフに、女性アイドルグループ所属事務所を舞台に織り成す人情コメディー。

関連記事:演劇ユニット 黒鯛プロデュース 第15回公演 【黒鯛版】笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 PRE☆STAGE 特典付チケットご予約開始!

PRE☆STAGEでは、本作出演キャスト・スタッフへのインタビューを公演まで集中連載!第2弾は、ラッパー・モデルとして活躍、そして本作が俳優として初出演のSONIC(ソニック)さんです。

■SONICインタビュー

—早速ですが、お名前のSONIC(ソニック)の由来は?

SONIC:僕、昔陸上部で、400mの国体選手だったですよ。キレのあるイメージをつけたくて「SONIC」にしました。某ゲームキャラクターとかぶるんですけどね。(笑)

—早稲田大学大学院卒業で、文武両道。音楽もできて超多才ですね。早稲田大学と言えば、和泉ちぬさんも大隈講堂で、森繁久弥先生と舞台出演されたことがあるそうです。今年はPRE☆STAGE ご招待企画で、早稲田大学の演劇サークルのみなさんもご観劇予定ですよ。

SONIC:それは、本当に凄く嬉しいですね。僕、早稲田大学在学中は、演劇はやってなかったんですけど、音楽では大隈講堂でm-floのLisaさんとLIVEで共演させていただいた思い出があります。

—普段はミュージシャンとしてご活躍でいらっしゃいますが、今回の『黒鯛プロデュース』初出演のきっかけは?

SONIC:和泉ちぬさんとは、吉沢悠さん主演の映画『チョキ』でご一緒させていただきました。僕はオフィシャルの応援歌を作詞、作曲、そして歌を担当させていただきまして、その舞台挨拶の時にちぬさんと知り合うきっかけになって、「俳優やってみたら?」って言っていただいて。「やります!」って二個返事でした。(笑)


—ちぬさんの「この人は、役者に向いてる、向いてない」を的確に見抜かれると演出の遠藤さんにも評判ですので、ちぬさんの琴線に触れるセンスをお持ちだったんですね。

SONIC:芸能としては、今までずっと音楽に向き合って来ましたので、同じ「芸能」とは言え、別のジャンルの新しいステージに、振り切って立つということは、自分からは、もうできなくなってしまっていますから、今回、アーティストとは違った一面を見ていただく機会をちぬさんに与えていただいたという事は、僕にとってとても大きな事で凄く感謝しています。自分ひとりでは、きっと「役者をやってみよう!」とは思わなかったと思います。

—今回の舞台のSONICさんの役どころについて伺えますか?

SONIC:そうですね。ネタばれにならないレベルでお答えしますと、僕の演じる役は、ちょっとつかみどころのないキャラクターで、いくつもの顔を変えます。そういう意味では、ちょっと苦戦しそうですね。(笑)今、まさに役を作りこんでいるところですね。同じ人物なのですが、出てくる度にキャラが違っているという役を1人でやらなければならないので、そういう使い分けの部分がメリハリをつけていけたらなって思いますね。

—SONICさんご自身と比べて真逆の役になりますか?

凄く遠いものもあるし、そのままのものもありますね。ただ、今までその遠くに感じていた役が、普段無意識なのですが、ふざけた時に出ている自分に近いのではないかなって思う時もありますね。アホになった時の自分って言うんでしょうかね。(笑)人の根源みたいないところが出ているんですよ。自分ももしかしたらこんな面を持っているのかもしれないって気づき始めているので、もしかしたら、この舞台で自分自身、舞台初日にそれが振り切れるかもしれません。人って、色んなキャラが自分自身の中にもありますよね。それを全部出し切ったら、その全てが、全部僕かもしれません。だから、自分の全部を出し尽くさなければならないのかもしれません。

—なるほど。私たちも日々立場や役割分担を背負い込んだ上での発言、行動で生きているので、その時のリアルな自分自身の反応や内面が、演技そのものにつながっていくのかもしれませんよね。

SONIC:そこを計算された上で、脚本作っていらっしゃると思うんですよ。だから、もう本当に『黒鯛』の脚本の凄さが身に染みる舞台です。「演じる」というこのチャンス、是非、ものにしたいと思っています。

—このご出演がきっかけでSONICさんご自身の表現の可能性も大きく広がりますね。

SONIC:はい。今までずっとアーティストとしてやってきて、誰かが作詞・作曲したものを歌うということは、僕のスタイルとしてはやっていなくて、0から創りあげていくことにアーティスト性を感じている方なんですね。色んなタイプの表現の仕方を持つアーティストがあって、たまたま僕は0からっていうスタイルなんですね。作品創りって、あまり世間から左右されない軸を持って、自分を貫く、自己主張の場でもあると思うんですね。

「SONICって、○○風だよね」って言われちゃうのが嫌で、あえて他のみなさんのは影響受けないように聞かないみたいなところがあったんですよ。アーティストの世界では、自分というのものが突出していないと、周囲に飲まれてしまうじゃないですか。同じようなのがいっぱい出てるわけですから。数あるインフォメーションをシャットアウトしたいみたいなところがあったんですね。

それが今、役者としての現場に来て僕が思う事は、役者の世界って、まったく逆の世界に感じるんですよ。演出の方に、「こういう役だからこう演じて」って言ってもらって創っていくので、ある意味今まで僕がやって来たこととまったく逆のベクトルなんですよ。だからなんだか自分の中でそれを噛み砕いて、表に出していくのが凄く遅いんですよ(笑)それを同じ現場の役者のみなさんは、言われてすぐにそれがパァって、それがすぐできるんですね。こんなにすぐ飲み込んでできるんだ!って、もう本当に凄いなぁって思いますね。僕の場合は、何か、僕の中心に何かがあってそこがすぐに出せないんですよ。そこを一回砕いて、柔軟になると、多分、凄くよくなるんじゃないかなって思いますね。

—新しいSONICさんが・・・

SONIC:飛び出してくるかもしれない。(笑)この稽古が始まって、人のことが気になるようになりましたね。今までドラマとか視聴者として流して観てたんですけど、全然視点が変わりましたね。「あぁ、この人上手いや!」、「これ俺できないやー」って思いながら観るようになりましたね。例えばマジシャンの役をやるとして、やっぱりマジシャンやマジシャンを演じているのを観なきゃわからないですよね。

—ただ、自分の中のオリジナリティーの追求だけだとちょっと限界がありますね。

SONIC:そうなんですよね。平川さんに凄くいいアドバイスをいただいて、「言葉をどう伝えるかって言うことを主眼におかないとダメ!」って教えていただいて、僕は上手には言えていてもリズムで言っちゃってるところがあるんですよね。聞こえはいいんだけど、そこに魂が入っているのかと言うと、まだ、入ってないんじゃないかなって。歌もそういうところがやっぱり大事になってきますね。リズムじゃなくて、言葉を伝えていく・・・いやぁ、もう本当に今回、この舞台の世界に入り込ませていただけて本当に有難いです。今、僕は「アーティスト」だって自分の事を自信持って言えますけど、「役者」とはもちろんまだ言えない。でも、やるからには、「役者です!」って言えるようになりたいですね。

—それでは、観劇をご検討中のみなさんにメッセージをお願いします!

普段、ちょっとアーティストなんで、ついカッコつけちゃってるというか、その世界に入り込んでいるところもあるのですが、この舞台については、カッコつけるところはカッコつけて、
ふざけるところは、「えっ!こんなキャラやんの?」って驚いていただけるような僕の新たな一面を見ていただけるます。歌のシーンももしかしたらあるかも?しれません。(笑)相当面白いことになってますので、是非、楽しみにしていらして下さい!よろしくお願いします!

黒鯛プロデュース 第15回公演 黒鯛版 笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』は、
東京・池袋シアターグリーン Box in Box THEATER にて、10月18日(水)~22日(日)全9公演
詳細は、黒鯛プロデュース公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る