『DCスーパーヒーロ​ーズvs鷹の爪団』前代未聞の絶対に辿り着​けないプレミア試写会イベントに、FROGMAN監督、高野之夫豊島区長登壇!

9日、ハリウッドとの驚愕のコラボレーションで話題の『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』が、10月21日(土)公開に先立ち、数々のリアル謎解きイベントを実施しているNAZO×NAZO劇団、そして豊島区とコラボした異例の試写会イベント「絶対に辿り着けないプレミア試写会!」を池袋で開催した。

朝から、スタート地点となる「としまセンタースクエア」に集結した約300名の参加者たちは、ジョーカーに隠された試写会場とチケットを探し出すために謎解きに挑戦。 豊島区とのコラボとだけあって、そのエリアは池袋東口から西口へと広大。本作に登場するジャスティス・リーグの特性を利用した問題も登場し、本作とのコラボにふさわしい内容となっていた。無事に謎をすべて解き終わった約80名が、ゴールである養老乃瀧に集結。ゴールでは、鷹の爪団によるお祝いムービーが流れ、養老乃瀧からのプレゼントとして祝杯のビールも登場。 監督のFROGMAN、バト田&スパ田と共に、全員が笑顔で乾杯する様子が、謎が解けなかった別会場にも中継で届けられ、 監督から敗者復活戦のお知らせがあると、両会場から大きな歓声があがった。

その後、シネ・リーブル池袋で実施された試写会には、謎解きに成功した約80名に加え、敗者復活戦で勝利した約60名が参加。「監督、脚本、声優、そのほかなんでも屋のFROGMAN監督です」と紹介された監督が登壇すると大きな笑いと拍手に包まれた。DCとコラボするきっかけについてや、製作過程でのアメリカとのやり取りも明かされた。ブラックジョークを駆使する鷹の爪シリーズだが、事前にシナリオや予算表を公開する宣伝方法や、今回の試写会の開催方法など、シナリオ以外の部分で“Why?”と聞かれることが多かったとのこと。まさにキャッチコピーのとおりに“困惑のプロジェクト 無理やり実現”だったことが明らかになった。もしかしたらこの試写会も謎が難しすぎて参加者が1人とかだったらどうしようかと思った、と不安を抱えていた監督。しかし、実際は多くの参加者が(あの手この手を使って)集まったことに安堵していた。

最後に、豊島区の高野之夫区長も登壇。今回、鷹の爪が豊島区にオファーしたことについて、「高野区長のタカノという名前を見て、鷹の爪団に入れるんじゃないかと思ったのがきっかけです」と今回のコラボの理由が初めて明かされた。本編にも高野区長が描いた背景が使用されているとのことで、その絵を収めた額が監督からプレゼントされた。

最後に、監督から試写を見る観客に向けて、 「ネタバレしてしまっていいけど、いい感想だけをハッシュタグをつけてSNSで投稿して」というお願い、さらに、それらの投稿すべてに監督が直接返信するということも宣言され、 観客から「おお~!」という声も上がり、試写会は大いに盛り上がって終了した。

『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』は、10月21日公開!詳細は、『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る