宝塚歌劇団OG × LE VELVETSル・ヴェルヴェッツ スーパー・パフォーマンス 『SHOW STOPPERS!!』 2018年6月、東京・大阪にて上演決定!

2018年6月に東京・東京国際フォーラム ホールC、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて、宝塚歌劇団OG × LE VELVETS スーパー・パフォーマンス『SHOWショー STOPPERSストッパーズ!!』が上演されることが明らかになった。

宝塚歌劇団在団中、そして退団後も活躍を続けるOGメンバー、そして確かな技術でクラシックやポップス等、様々なジャンルの歌を自在に表現し独自の世界を創り上げている LE VELVETSが集い、元宝塚歌劇団理事で、昨年ではニューヨークで宝塚歌劇OGショー「TAKRAZUKA ENCORE」(ブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンと併演)の演出を担当した三木章雄のもと、新たなショーを上演する。

舞台構成は、1幕、2幕の2部構成。1幕の『SHOW TUNE』では、「メイム」「ラ・カージュ・オ・フォール」「ハロー・ドーリー!」など、ブロードウェイを最高に輝かせる作曲家ジェリー・ハーマンの名曲の数々で綴る、笑いと涙のロマンスの名ステージ。2003年にニューヨークで上演、日本では2008年に三木章雄が宝塚歌劇団OGの女性のみによるバージョンにアレンジし初演、好評を博した。本公演では、宝塚歌劇団OGたちとLE VELVETSのメンバーが演じ、気品あふれる上質なショーへと進化させる。また2008年はフルバージョンで上演しましたが、今回は1幕構成にブラッシュアップしての上演。

2幕は『SHOW TIME』と題し、男役のワイルドと女優のエレガンスを兼ね備えた元タカラジェンヌ達と、セクシーな歌声のダンディー達 LE VELVETSの対決共演饗宴が予定されている。

演出の三木章雄は、「思えば『SHOW TUNE』の初演は2008年、もう10年になります。麻路さき、剣幸を始めとする、宝塚のOGが男になったり女になったり、ピアノを弾いたりタップを踏んだり、大車輪、名曲に挑戦した、楽しい大冒険でした。今回は、宝塚歌劇団OGとル ヴェルヴェッツの競演です!このmusicalの根底に流れている、男対女、紅白歌合戦的なconceptがはっきりするのが、とても楽しみです。音楽的にもデュエット、コーラスのハーモニーの分厚さが脅威!女の園で育った演出家、私、もこの大冒険を男女キャストと共にワクワクで、お客様を巻き込む魂胆。よろしくお願いいたします。 」と本作への意気込みを語る。

公演は、2018年6月2日より東京国際フォーラム ホールC 、2018年6月19日(火)より梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。

≪公演概要≫

宝塚歌劇団OG × LE VELVETSスーパー・パフォーマンス 『SHOW STOPPERS!!』

≪1幕≫『SHOW TUNE』
作詞・作曲:ジェリー・ハーマン
演出:三木章雄
出演:湖月わたる 彩輝なお 貴城けい 壮一帆 宮原浩暢 佐賀龍彦 日野真一郎 佐藤隆紀(LE VELVETS)妃海風 / 珠洲春希 牧勢海 舞城のどか 桜一花+スペシャルゲスト有り!

※ゲスト出演者は後日発表致します
予定公演日程:〔東京〕2018年6月2日(土)~8日(金) 東京国際フォーラム ホールC
〔大阪〕2018年6月19日(火)~24日(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ お問い合わせ:梅田芸術劇場(10:00~18:00)〔東京〕0570-077-039 〔大阪〕06-6377-3888

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る