貴楽屋公演 「東京スカチャラ物語」 ウッディシアター中目黒

劇団ザ・デッドロック・カムパニー~PeaVeFactoryのメンバーとして活動してきた
岩本貴子さんを座長として結成された演劇ユニット貴楽屋(たからや)の
涙と笑顔の昭和時代劇 第5弾 公演「東京スカチャラ物語」が、
2014/10/30(木)~11/2(日)ウッディーシアター中目黒で開幕。

出演者 てるてるさん は、舞台「東京スカチャラ物語」のみどころを
「戦後の昭和の時代劇 今ある平和が、当たり前ではなかった
この時代を懸命に生きた人々が描かれてるので、そこを観ていただきたいです。」と語る。

詳細は、演劇ユニット貴楽屋公式サイトへ
http://homepage2.nifty.com/peave2001/

tokyo_s1

tokyo_s2

【ストーリー】
戦後12年、まだまだ混乱期から抜けきれない東京の一画にある闇市、
通称「スカチャラ通り」で繰り広げられる人間模様。
それは戦後69年を経た現在の、この国が抱えている多くの滑稽さを象徴している。
まだまだすべてが進化の途中で、1秒たりとも過去には戻れないのだから、
二度と「戦争」などという愚かなことをしてはならない。
それが、「スカチャラ通り」の誓いである。

【タイムテーブル】
10/30(木) 19:00
10/31(金) 15:00/19:00
11/01(土) 14:00/18:00
11/02(日) 13:00/17:00

※開場は開演の30分前です。
【チケット】前売り:3200円 当日:3500円 中学生以下:2000円

【スタッフ】
作:柴切正輝
演出:岩本貴子
演出補:竹村登代志
舞台監督:狩野裕香
照明:(有)ライトアップ
音響:JUN
宣伝美術:鈴木聖一
制作:ピーブファクトリー

【出演】
岩本貴子
竹村とよ志
麒麟子
KOBA
今井光信

加藤照男(チームハンディ)
星野千寿子(ぷろだくしょんバオバブ)
永田佳代(笹倉組)
桜井泰之
てるてる
佐々木優(オフィス斬)
西田啓子
村井大介
間内優
森康記

※出演者変更のお知らせ
出演を予定しておりました宮川美穂は
急病のため残念ながら出演を見合わせることといたしました。
代わって西田啓子が出演することとなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る