映画『ラッキー』公開初日記念イベントに戌井昭人、佐々木誠登壇!

ハリー・ディーン・スタントンの最後の出演作『ラッキー』の公開初日イベントが17日、新宿シネマカリテにて行なわれ、 劇作家の戌井昭人氏と映画監督の佐々木誠氏が登壇。愛される俳優 ハリー・ディーン・スタントンについてそれぞれの思いを熱く語った。

本作は、自由で堅物で一匹狼、90歳の頑固じいさんラッキーとちょっと風変わりな街の人々の交流を描いた物語。『パリ、テキサス』『レポマン』『エイリアン』など200本以上の作品に出演したハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる作品。

かねてよりハリー・ディーン・スタントンの大ファンを公言している戌井氏は、本作の感想を聞かれると「昔からいろんな映画で観ていたハリーが全部いる、というような映画でしたね。まるでこれまでの彼の役柄がドキュメンタリーだったかのような。端々にいろんなキャラクターが見え隠れしていた。90歳でこんな映画が制作されたなんてすごいことですよ。撮影だって、こんな喉乾きそうな場所で…それに、デヴィッド・リンチも印象的でしたよね、いつもリンチが人にやらせているような役を自分が演じている」と答え、「ところで、最初にハリーを認識したのってどの作品でした?僕は『レポマン』だったんですけど」と佐々木氏に質問。

佐々木氏は「僕は『パリ、テキサス』ですね。あのころ既に50半ばだったんですよね。遅咲きでしたけど、とにかく名作にたくさん出演している。『エイリアン』や『暴力脱獄』『断絶』…『エイリアン』では実は最初にエイリアンに殺された歴史的人物なんですよね!それに、船長役だったトム・スケリットとこの映画で40年ぶりくらいに共演してるんです。それがあの重要な会話のシーンかと思うと、映画ファン的にはたまらないですね…!」と、これまでの作品を踏まえたスタン愛を披露。続けて「メジャーからインディーズ、本当に幅広い作品に出ている。とにかく、みんなに愛されていたんでしょうね。しかしこの映画、戌井さんの作品の世界観と通じるところがありますよね」と佐々木氏が話すと、戌井氏は「ハリーはガンガンいく感じじゃないところがいいですよね、”さびれてる”かっこよさ。『レポマン』は実はエミリオ・エステベス目的で観たんですが、そこでハリーを知って、”おじさんでもかっこいい人っているんだ”と思いましたね。役者役者してなくて。。。それに、ハリーが表紙を飾る昔の『SWITCH』(1989年12月号)インタビューでこの映画と全く同じこと言ってるんですよね。”孤独と一人は違う”、と」と述べた。
最後に佐々木氏は「これが最後の主演作なんですよね。映画人生の集大成が、これまでに自分が演じたキャラクターや、自分の発言や行動、死生観を反映させた、まさに人生の集大成でもあると。それって奇跡みたいなものですよね。ラストカットでのハリーの表情にはとてもグッときましたね」と本作を絶賛し、締めくくった。

映画『ラッキー』は 新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか絶賛公開中!

詳細は、映画『ラッキー』公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る