『モテキ』大根仁監督も大絶賛!マーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』本編映像解禁!

『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が‪4月14日(土)‬より全国順次公開される。

 音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったウェブ監督が『サマー』以前に脚本に出会い、10年以上の歳月をかけてついに映画化を果たした最新作『さよなら、僕のマンハッタン』。

監督がインディペンデントに戻り、家族の素晴らしさを描いた『gifted/ギフテッド』を経て、『サマー』から8年ぶりに描くファン待望の青春ドラマ。退屈な毎日を送っていた青年が、おかしな隣人と父の愛人との出会いを経て、少しだけ大人へと成長する物語は、私たちに“子供でも大人でもなかった”あの頃の気持ちをほろ苦い青春の記憶と共に思い出させてくれる。

 悩める主人公トーマスを演じるのは『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の出演も控える若手俳優カラム・ターナー。他、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、カーシー・クレモンズなど新旧豪華キャストが共演を果たす。

本日、本作の本編映像が解禁された。

主人公トーマスと、彼が想いを寄せる女の子ミミが2人で訪れた美術館での一コマ。冗談を言い合い、仲良さげな雰囲気の2人。ところが、ミミの「クロアチアのザグレブに留学するかもしれない」という突然の告白で空気は一変する。「それってひどい。君は僕の唯一の安らぎだ。あの夜は本物だった。」と2人の恋愛関係を強く訴えるトーマスに対し、ミミは「あれは一夜限り」と軽く一蹴する。恋にのめり込み、子どもっぽさをのぞかせるトーマスとあくまでドライなミミは、今も根強い人気を誇るボーイミーツガール映画の金字塔『(500)日のサマー』のトムとサマーを彷彿とさせ、あのビタースウィートな気持ちを蘇えらせる。必死にミミの気を引こうと、「“友達”はよせ。」「美人の常套句だからさ。」と強気の決め台詞を吐き、背を向けて歩き出すトーマス。しかし結局は、そんなトーマスを横目に立ち去っていくミミの後を追いかけていってしまう。あしらわれながらも好きな女の子を追いかけてしまう、まさに『(500)日のサマー』のトムを思い起こさせるワンシーン。

キュートな小悪魔的ヒロインが登場する以外にも、主人公の名前が共に“トーマス”であることなど、共通項は多々見受けられる。『(500)日のサマー』で象徴的なシーンに登場する、名作『卒業』。そのテーマソングといえば‪サイモン&ガーファンクル‬の『サウンド・オブ・サイレンス』であり、本作でも、同じく‪サイモン&ガーファンクル‬の『ニューヨークの少年』が印象的に使われている。また、両作品ともナレーションをのせたイラストを使用していること、音楽を軸にしたおしゃれでスタイリッシュな演出を行っていることも、センス溢れるウェブ監督作品の特徴。

マーク・ウェブ監督のファンを公言し、自身の監督作『モテキ』でも『サマー』へのオマージュを捧げた大根仁監督は、「『(500)日のサマー』で、青春に忘れ物をしたままのオレたちのハートを掻きむしったマーク・ウェブ監督が帰ってきた!」と本作を大絶賛。

『(500)日のサマー』が“夏”なら、『さよなら、僕のマンハッタン』は監督が8年ぶりに作り上げた、『サマー』に続く“秋”の青春映画と言えるかもしれない!?トーマスとミミの恋の行方は、トーマスの父の愛人ジョハンナが登場することで『(500)日のサマー』とは違った様相を呈している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る