松居大悟監督『アイスと雨音』、海外映画祭に続々出品決定!くまもと復興映画祭、北京国際映画祭(中国)、全州国際映画祭(韓国)ほか参加!

3月3日、渋谷ユーロスペースほか全国順次大ヒット公開中の松居大悟監督最新作『アイスと雨音』(http://ice-amaoto.com)。本作は、予定していた演劇が中止になるという松居監督自身の経験をもとに、“現実と虚構”” “映画と演劇”の狭間でもがく若者たちの1ヶ月を、74分ワンカットで描いた青春譚。

話題沸騰中の本作が、昨年の第30回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門公式出品に続き、今週末‪4月6日〜8日‬開催の「くまもと復興映画祭2018 powered by 菊池映画祭」、4月開催の中国・北京国際映画祭(アジアプレミア上映)、5月開催の韓国・第19回全州国際映画祭(チョンジュ国際映画祭/韓国プレミア上映)に公式出品が続々決定!

各映画祭へは松居大悟監督が参加予定、熊本地震へのエールを送るために、行定勲監督を映画祭ディレクターを務める「くまもと復興映画祭2018」では、熊本城二の丸広場オープニングにて、‪MOROHA‬のライブ(4/6入場無料)や名物企画「真夜中の映画祭」に松居監督が、行定勲監督、本広克行監督、齊藤工監督とともに参加(4/7)。韓国プレミア上映となる・全州映画祭では、主演・森田想、田中怜子が監督ともどもレッドカーペットに登壇予定。韓国・全州映画祭では、主演・森田想、田中怜子が監督ともどもレッドカーペットに登壇予定。

松居大悟監督のコメントは以下のとおり。

松居大悟監督

個人的な気持ちで始めたので、誰かに認められたいとか、何かに勝りたいとか、そういう気持ちはありませんでした。
でも今は、色んな感想やこうした上映が、嬉しいです。
この8人や関わったみんなは、すごいんです!

くまもと復興映画祭は、初めて参加するのですが、行定監督に呼んでいただき、同じ九州人として参加できることを誇りに思います。北京国際映画祭は、初参加どころか、中国で自分の作品が上映されるのも初めてなので、どういう反応が来るかドキドキします。全州国際映画祭は、去年に続き2回目の参加、すごくアットホームで、中の人たちが楽しんでるのが伝わるので、あの輪に入れるのが楽しみです。まだ先ですが、ヨーロッパの方でも上映されます。 イギリスで書かれた戯曲の上演中止から始まり、下北沢で撮られた74分ワンカットの若者たちの1ヶ月間を、どのように見てもらえるのか、食らわすことができるのか。

今、東京と名古屋で上映されていて、少しずつこれから日本国内の上映も広がってきています。生理的に無理という人もいるし、もう10回以上見たという人もいて、見る前に情報が飛び交う時代ですが、1つとして同じ感想はありません。「アイスと雨音」には、僕が予期していなかった何かが宿っているようです。演劇よりリーズナブルで、映画より生々しい、何か。劇場で見てほしいです。

精いっぱい元気にいきましょう!よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る