5/4公開!映画『サバービコン 仮面を被った街』マット・デイモン演じるクセモノキャラの本編映像解禁!

5/4公開!映画『サバービコン 仮面を被った街』マット・デイモン演じるクセモノキャラの本編映像解禁!

ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本最新作『サバ―ビコン 仮面を被った街』の本編映像の一部が本日解禁された。

本作は、ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本最新作として2017年のべネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』と人気を分け合った話題作。

今回解禁された映像は、妻を強盗に殺され、傷心のガードナー・ロッジ(マット・デイモン)の元に警官が訪れるというシーン。

捜査状況の進捗を報告しにきたであろう、警官の訪問を進んで受け入れるかと思いきや居留守を使おうとするガードナー。

一点を見つめ、ひたすらハンドグリップに集中するマット・デイモンの姿はどこか滑稽な印象も感じさせます。さらにはその顔面にはなぜか殴られたような形跡が・・。

全身に怪しさが漂うガードナーの異常な様子に、警官も訝しげ。肝心の捜査状況を問うガードナーに対し、警官はなぜかマフィアが殺されたという事実を告げるのみ。

傷だらけのガードナーに一体何があたのか?マフィア殺しとの関係は・・・?

本作でガードナー役を演じるにあたり、マット・デイモンは時代にあった体格を探し求めて当時の写真を研究。「50年代の男は現代人のように運動をしなかった。細身かでっぷり太っているかのどちらかだった。」と分析し、「僕の祖父が太っている方だったので祖父に体格を似せようと思った。」と明かし、マットは数ポンド、体重を増量して撮影に臨むなどの工夫を施した。

近年では、映画「オデッセイ」で火星での究極のぼっち体験を演じきり、さらには映画「ダウンサイズ」で身長13cmの極小人間を演じるなど幅広い役柄を演じ続けているマット・デイモン。

本作での、ちょっとぽっちゃりした冴えないファミリーマン、ガードナー・ロッジ役を演じる。ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザックらが演じるクセの強いキャラクターたちとの共演にも注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る