フィンランドの5 人に 1 人が鑑賞の大ヒット作!映画「オンネリとアンネリのおうち」公開初日舞台挨拶にサーラ・カンテル監督登壇!

6/9(土)、YEBISU GARDEN CINEMA にて、映画「オンネリとアンネリのおうち」が公開初日を迎え、フィンランドよりサーラ・カンテル監督が来日し舞台挨拶に登壇した。本作は、フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミ原作の児童文学「オンネリとアンネリ」シリーズを映画化、本国フィンランドでは 3 週連続 1 位に輝き、その後シリーズ化された 3 作品はのべ 100 万人を動員し、国民の 5 人に 1 人が観る大ヒットを記録した作品。

舞台挨拶では大ヒットとなった本作の製作エピソード、また、オンネリとアンネリを演じた二人のキャストの近況について答えた。

<<舞台挨拶>>

—細部まで可愛さが詰まった作品なのですが、どういったチームで制作されたのでしょうか?やはり、女性スタッフが多かったのですか?

サーラ・カンテル監督:そうですね!今回のチームは女性のスタッフがたくさんいました。撮影監督や衣装デ ザイナーなどもたくさんいました。

—本国では本作は大ヒットし、シリーズ化となって、今4作目の撮影を準備中と伺いました。本作の撮影時 のオンネリとアンネリ当時 7 歳だったはずですが、今とても大きくなっていますか?

サーラ・カンテル監督:撮影を準備している4作目は新たに、9歳の子をキャスティングしました。本作のオンネリとアンネリはすでに14歳になってしまったので、少し歳を取りすぎてますからね(笑)。ですので、本作 のオンネリとアンネリは新しくキャスティングされた「オンネリとアンネリ」の師匠として、大変よく面倒を見てくれていますよ!

—本作ではいろんなキャラクターが出てきますが、フィンランド人の気質を表しているんでしょうか?

子供たちは典型的なフィンランド人だと思います。とっても勇気があって、相手の事を世話したり、本当に好奇心が強いです。登場する大人たちもそういった感じであれば良いのですけど、ちょっと違いますね!

—本作ではフィンランドの夏至の季節を描いています。そして、夏至は非常に大切なお祭りとして祝われると聞 いたのですが、どういった過ごし方をするのでしょうか?

フィンランドにとって夏はとても大事な季節です。北の方の地域は、太陽の沈まない白夜が起こってますね。 夏休みが皆1ヶ月ありますので、努力して街から離れて自然の中に入り、家族と過ごしています。

映画「オンネリとアンネリのおうち」は、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開中!

詳細は、映画「オンネリとアンネリのおうち」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る