主演 稲葉友・大鶴佐助・中山祐一朗 の三人芝居、舞台『エダニク』浅草九劇にて6月上演決定!

鄭義信が演出を務める舞台『エダニク』が2019年6月22日(土)から浅草九劇にて上演されます。2009年に横山拓也が書き下ろした同作は、第15回日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞。再演を重ね多くの評判を呼び、横山戯曲史上最も評価の高い作品。

主演を務めるのは、昨年公開の映画「春待つ僕ら」、主演ドラマ「平成ばしる」などで注目を集め、2019年も公開作が続々と決定している人気若手俳優の稲葉友。

数々の舞台で活躍する大鶴佐助、

阿佐ヶ谷スパイダースの中山祐一朗と共に、3人芝居に挑戦します。

演出を務める鄭義信は、1994年に「ザ・寺山」で岸田國士戯曲賞を受賞、2008年に「焼肉ドラゴン」で演劇賞を総なめにするなど、これまで数々の話題作を生み出しています。また、映画「愛を乞うひと」や「血と骨」で脚本を手掛けたことでも知られ、2014年には紫綬褒章を受賞でも知られています。

舞台はとある食肉加工センター。ある日、屠室で厳重に管理されているはずの、牛の延髄が紛失。この事件をきっかけに、初対面である取引先新入社員と加工センターの職人二人は、屠畜という作業への言及や、企業間の駆け引き、立場の保守など、各々のアイデンティティに関わる問題をぶつけ合い議論を白熱させていきます。

主演・稲葉友は、「実は二年ほど前から今か今かと待ちわびていた企画なので、こうして実現することに大きな喜びを感じています。いつのまにか内側へと巻き込む軽妙さと力強さのある「エダニク」という脚本は、読んでいてワクワクしました。鄭さんとまた幸福なお芝居が作れるよう、全身全霊で挑みます。」と力強いコメントを寄せています。

注目の若手俳優・稲葉友×演劇界の大御所・鄭義信のタッグに、横山拓也の人気戯曲作『エダニク』と実力派俳優たちが加わり、どんな化学反応を生み出すのか期待されます。

舞台『エダニク』のチケットは3月6日(水)17:00~稲葉友有料オフィシャルファンクラブ先行(特典付き)、3月14日(木)11:00~浅草九劇先行がスタート。

【公演概要】『エダニク』

作:横山拓也(iaku)演出:鄭義信
公演期間:2019年6月22日(土)~2019年7月15日(月・祝)
会場:浅草九劇(https://asakusa-kokono.com/)

【出演】
稲葉友、大鶴佐助、中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)

【企画・製作】
浅草九劇 プラグマックス&エンタテインメント

【あらすじ】
とある食肉加工センター。
ある日、屠室で厳重に管理されているはずの、牛の延髄が紛失。
ここ別屠室の、屠殺用ナイフ研磨室も人の出入りや情報の行き来が慌しくなってきた。
この事件をきっかけに、初対面である取引先新入社員と加工センターの職人二人は、屠畜という作業への言及や、企業間の駆け引き、立場の保守など、各々のアイデンティティに関わる問題をぶつけ合い議論を白熱させる。
立ちこめる熱気と臭気。
「生」がたちまち「死」に、「生体」が次々と「物体」と化していくこの労働の現場で、男たちの日常は我々に何を問いかけるのか。

【チケット】
前売り:4,500円(税込)

■稲葉友有料FC先行(稲葉友ポストカード付):
2019年3月6日(水)17:00~2019年3月12日(火)23:59
稲葉友有料FC:https://yu-inaba.lespros.net/

■浅草九劇先行:
2019年3月14日(木)11:00~2019年3月21日(木)23:59
浅草九劇HP:https://asakusa-kokono.com/

■チケットぴあプレリザーブ:
2019年3月20日(水)~2019年3月27日(水)23:59

■一般発売:
2019年4月6日(土)11:00~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る