栗山民也 演出、蒼井優、生瀬勝久 出演!パルコ・プロデュース 2018 『アンチゴーヌ』 2018年1月、新国立劇場小劇場<特設ステージ>にて上演決定!!

2018年1月、パルコ・プロデュース 2018 『アンチゴーヌ』が、新国立劇場小劇場<特設ステージ>にて上演することが明らかになった。演出は、栗山民也演出のもと、岩切正一郎の新訳・蒼井優、生瀬勝久、梅沢昌代、伊勢佳世、佐藤 誓、渋谷謙人、富岡晃一郎、高橋紀恵、塚瀬香名子 ら豪華俳優陣の競演で上演が発表となった。

本作は、時代を超え世界中で上演され続けている、フランスの劇作家ジャン・アヌイの代表的悲劇作品「アンチゴーヌ」。法と秩序を守り、権力者として政治の責任を貫こうとする冷静な王クレオンに対し、自分の良心にまっすぐに従い、自己の信念を貫くアンチゴーヌ。2つの相対する立場と信念は、そのまま国家と個人・現実と理想の対決でもあり、それぞれが抱える想いは通じ合うことなく、物語は悲劇へと進行する。クレオンとアンチゴーヌの対決を通して、生きることの矛盾や人間存在の本質を突いた作品。

アンチゴーヌ役には、パルコ・プロデュース公演には初出演となる蒼井優。クレオン役には、映像・舞台にと幅広く活躍し、圧倒的な存在感と演技力を放っている生瀬勝久が挑む。また、舞台を中心に活躍する梅沢昌代、伊勢佳世、佐藤誓ら実力派俳優陣が脇を固め、多彩な顔ぶれが揃う。

キャスト、スタッフからのコメントは以下のとおり。

演出・栗山民也コメント
「アンチゴーヌ」に出会う随分まえからソフォクレスの「アンチゴーヌ」が好きで、何度も読み返し、いつか舞台化したいと思っていた。そ れから時が過ぎ、フランスの劇作家であるジャン・アヌイの翻案した「アンチゴーヌ」と出会った。ひどく面白かっ た。すぐにでも舞台に立ち上げたくなるほどの熱い言葉の熱が、そこにはあった。 絶対的な関係にある二つの精神が、一つのテーマで向き合いぶつかる。そこに激しく歪んだ世界が見えてくる。厳重に管理された国家という装置のまえで、「個」が無残にも壊されていく。だが、その「個」である一人の少 女の声は、強い意志で、遠くギリシャの神話からわたしたちへと響く。今の混沌とした時代を鏡に映し、この永遠に続く積極的な問いを、考えてみようと思う。」

アンチゴーヌ役・蒼井優コメント
ちょうど10 年前にこの戯曲に出会い、今まで何度も読み返して来ました。あるセリフをどうしても生で聞きたいと思っていたのですが、まさかそれを自分が口にすることになるとは。 栗山さんとは「あわれ彼女は娼婦」でご一緒させていただき、生瀬さんとは「楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき」で、演出家と役者という立場でお会いしました。なので、お芝居をさせていただくのは初めてです。 尊敬するお二方を始め、スタッフ、キャスト皆さんと稽古できることが嬉しいです。本番思い切り楽しめるまで、 稽古を頑張ります。」と意欲を見せる。

クレオン役・生瀬勝久コメント
今回共演する蒼井さんとは、『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~』(09 年)という芝居で、演出家と女優という立場でご一緒しているので、非常にやりづらいです(笑)。演出家として偉そうなことをずっと言いましたから、「なんでこんなお芝居をする人に……」と言われないように頑張ります。
演出の栗山さんとは 2 作品でご一緒しているので、栗山さんを信じて演じるという図式はもう出来上がってい ると思っています。また、この作品には力強い台詞がたくさんあるので、その台詞に負けないような芝居に自分をどう持っていけるか。毎回そうですが、自分のできることを精いっぱいやるということですね。

公演は、2018 年 1月、東京公演を皮切りに、松本、京都、豊橋、北九州で上演予定。チケットは 11 月 11 日(土)東京公演 一般発売予定。
詳細は、パルコ・プロデュース公式サイトへ

<<公演情報>>

パルコ・プロデュース 2018 「アンチゴーヌ」
作=ジャン・アヌイ 翻訳=岩切正一郎
演出=栗山民也
出演=蒼井 優、生瀬勝久、
梅沢昌代、伊勢佳世、佐藤 誓、渋谷謙人、富岡晃一郎、高橋紀恵、塚瀬香名子

【東京】 2018 年 1 月 9 日(火)~1 月 27 日(土) 新国立劇場 小劇場〈特設ステージ〉
【松本】 2018 年 2 月 3 日(土)~4 日(日) まつもと市民芸術館〈特設会場〉
【京都】 2018 年 2 月 9 日(金)~12 日(祝/月) ロームシアター京都サウスホール〈舞台上特設ステージ〉
【豊橋】 2018 年 2 月 16(金)~18 日(日) 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT〈舞台上特設ステージ〉
【北九州】 2018 年 2 月 24 日(土)~26 日(月) 北九州芸術劇場 大ホール〈舞台上特設ステージ〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る