舞台「俺と世界は同じ場所にある」開幕直前ゲネプロ&溝口琢矢さん、富田健太郎さん、三村和敬さん、石原壮馬さん舞台挨拶・囲み取材レポート!

1215_main

15日(火)東京・下北沢シアター711にて、アミューズ次世代若手俳優4人による舞台「俺と世界は同じ場所にある」が初日開幕を迎えた!
脚本は、劇団「ガレキの太鼓」主宰、舘だてそらみさん、演出は、ユニット「MU」主宰ハセガワアユムさん。 舘だてそらみさん書き下ろし新作戯曲をベースに、ハセガワアユムさんとワークショップを重ね完成された青春群像劇。

出演は、現在『仮面ライダーゴースト』にシブヤ役で出演中の
溝口琢矢(みぞぐちたくや)さん、
1215_04

映画『地獄でなぜ悪い』『渇き。』や舞台『大逆走』出演で注目を集める
三村和敬(みむらかずのり)さん、
1215_09

劇団プレステージのメンバーとして活動中の
石原壮馬(いしはらそうま)さん、
1215_05

舞台『BROTHERS CONFLICT-BROTHERS ON STAGE!』風斗役、
舞台『炎の蜃気楼昭和編 瑠璃燕ブルース』高坂弾正役で人気の
富田健太郎(とみたけんたろう)さん。
1215_06

物語は、地元、静岡県三島市の成人式で久しぶりに顔をそろえた中学の同級生ポンさん(溝口琢矢さん)、大山(富田健太郎さん)、ドテ君(石原壮馬さん)3人。それぞれの近況を交わすも顔を見せなかった仲間のケンちゃん(三村和敬さん)を訪ねていくことに。
1215_07

東京で傷ついたケンちゃんは引きこもりに。そんな4人の元に、更なる同級生のビッグニュースが飛び込む。
ケンちゃんも連れ立って4人は一路新潟へ。向かったその先で彼らを待ち受けていたのは・・・!
1215_08

全編ほぼ出ずっぱりの4人。大人と子供の顔が見え隠れする20歳のリアルが爽やかに描かれる。

ドライブする道中、それぞれの近況や過去の経緯が、丁寧な会話劇で描かれ、サービスエリア、目的地到着と場面展開もスムース。4人は、二役、三役とさまざまな登場人物をも多彩に演じわける。大人の力を一切かりず若手4人だけ演じきる等身大のストーリーに観る側もいつしか同級生目線で話し引き込まれる。溝口琢矢さん、富田健太郎さん、三村和敬さん、石原壮馬さんの1人1人の魅力が役に溶け込み、彼らにしか成し得ない若さあれる青春群像劇が、演劇の街下北沢にその産ぶ声をあげた!

終演後の舞台挨拶は、溝口琢矢さんが代表をつとめた。「本日は、ご来場いただきありがとうございました。この4人で若さあふれる舞台を作っていきたいという思いで、一生懸命稽古をやってきました。20日まで頑張っていきます。本日は、ありがとうございました!」と締めくくり客席から大きな拍手が沸き起こった。

PRE☆STAGEでは、ゲネプロを終えたばかりの4人への囲み取材の様子をお届けします!
1215_main02

—成人式のシーンからの登場でしたが、登場人物とご自分を比べて感じた事や演技上、意識した点がありましたらお願いします。

溝口琢矢さん
「ポンという役は、不自由ない暮らしをしてきて、自分のリアルとは離れている役ではあったので、裕福な役は難しかったです。中学時代はどんなだったかということをみんなで話しました。結果、中学の頃ってそんなに変わらないなって思っていて、その部分も見せていたけたらなって思ってます。」

富田健太郎さん
「成人式で中学の頃の友達にあった時の和気あいあいと楽しく、無邪気に楽しんでいた頃の雰囲気だったりをこの四人でしっかりと伝えていきたいと思います。」

三村和敬さん
「僕の演じるケンちゃんは、すごい傷つきやすくて、内向的な役なので、敏感に色々なものを察知してって言うのは、普段の自分とは違うのですが、稽古しているうちに、段々自分のやっている役が愛らしくなってきて、楽しんで演じています。」

石原壮馬さん
「僕の演じる役は、成人式をきっかけに東京から戻って来て、ちょっとかっこつけてる部分だったりとか、ちょっと地元で見下してる感とかカッコつけてる部分があって、だけど、やっぱり昔の友達といる事で、本音の部分が出てきたり、昔の素直な感じの自分に戻っていくんです。馴染んでいく感じとか表現できたらなと思います。」

—ゲネプロを終えて本番への意気込みをお願いします。

三村和敬さん
「実際の舞台に立ってみないとわからないことも多かったのですがゲネプロで一気に明確になって良かったところもあったんですけど、ダメなところもいっぱい発見できました。初日までに必ず克服できるようがんばります!」

富田健太郎さん
「稽古は僕ら4人でとことんやってきたので、後は本番お客様の前で、僕らの演技を全力で見せるだけです。楽しみにしていてください!」

溝口琢矢さん
「稽古中からも言われていたことですが、4人が楽しんでこの芝居をやるってことが一番の目標でもあるので、そこに重点を置いてやりたいなって思います。」

石原壮馬さん
「今日まで4人で稽古をしてきて、演出のハセガワに言われたこともたくさんあったし、それぞれがみんなが考えてきているので、後は本番でこの4人でしか出せない、みんなが合わさった時の空気感だったりというのをお客さんに味わっていただきたいと思います。よろしくお願いします。」

PRE☆STAGEでは、演出家ハセガワアユムさんインタビューも続報でお届けします!お楽しみに!

舞台「俺と世界は同じ場所にある」は全10公演。
詳細は、公式サイトへ

公式サイト
https://www.facebook.com/onajibasyo/
https://twitter.com/onajibasyo

「同じ場所」チラシ表画像 (2)

舞台『俺と世界は同じ場所にある』
日程:12月15日~12月20日
場所:下北沢 シアター711
脚本:舘そらみ
演出:ハセガワアユム
出演:溝口琢矢 富田健太郎 三村和敬 石原壮馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る