人気アニメ「おそ松さん」の十四松役・小野大輔が坂本龍馬役で地元・土佐弁披露!『期間限定Webコンテンツ 『龍馬 meets MetLife』公開!!

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャー、以下「メットライフ生命」)は、期間限定Webコンテンツ『龍馬 meets MetLife』を、6月30日(木)よりメットライフ生命公式サイト内の情報発信ページ、MetLife Onlineに公開!およそ150年前にアメリカ・ニューヨークで誕生した同社の歩みを、同時代、幕末の日本で活躍した坂本龍馬と重ねて、Web上で紹介する。

坂本龍馬役には、高知県出身で観光特使も務める声優・小野大輔を起用。人気アニメ「おそ松さん」の十四松役などで多くのファンを魅了する小野が、郷土の英雄・龍馬を土佐弁で演じる。

onodaisuke

日本の夜明けと言われた幕末。「日本を今一度せんたくいたし申候」と、坂本龍馬が故郷の姉・乙女に手紙をしたためた1863年に、アメリカ・ニューヨークでメットライフの前身となる法人会社が設立。『龍馬 meets MetLife』では、海外との貿易、日本初のカンパニー設立など、「先取の気風」を持ち、変革者として新たな時代を見据えていた坂本龍馬とメットライフ生命のコンサルタント社員が時空をこえて出会う。

変化し続ける日本社会において、日本初の商品やサービスを数々開発してきたメットライフ生命。もしもあの時代に龍馬が生命保険に入っていたら? 全3篇のストーリーと映像を龍馬と一緒に想像しながら楽しめるストーリー展開となっている。

本日公開された歴史篇「龍馬、ニューヨークに行く。」以降、順次公開予定!
詳細は、<メットライフ生命 期間限定Webコンテンツ 『龍馬 meets MetLife』>サイトへ

<ストーリー>
【1話】歴史篇「龍馬、ニューヨークに行く。」
勝海舟が設立した神戸海軍操練所で昼寝中の龍馬。目を覚ますと、
馬車の走るニューヨークにタイムスリップしていて…。
【2話】リスク篇「龍馬、リスクを考える」
寺田屋で負傷し、おりょうを伴った湯治の旅先でまたしても昼寝をする龍馬。
今度は東京にタイムスリップした龍馬は、メットライフ生命のコンサルタントに出会う。
【第3話】お客さまの声篇「龍馬、保険の未来を考える」
西郷隆盛に新政府に入るよう勧められ、日本の未来を考えるうちにいびきをかく龍馬。
ふたたび出会ったメットライフ生命のコンサルタントと、未来について考える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る