黒鯛プロデュース 第15回公演 『恋の骨折り損』 出演、宮原将護・今村裕次郎インタビュー!

10月18日(水)より、東京・池袋シアターグリーン Box in Box THEATERにて、黒鯛プロデュース 第15回公演 黒鯛版 笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 が上演。本作は、シェイクスピアの『恋の骨折り損』をモチーフに、女性アイドルグループ所属事務所を舞台に織り成す人情コメディー。

関連記事:演劇ユニット 黒鯛プロデュース 第15回公演 【黒鯛版】笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』 PRE☆STAGE 特典付チケットご予約開始!

PRE☆STAGEでは、本作出演キャスト・スタッフへのインタビューを公演まで集中連載!その第3弾は、四谷天窓×東京ハイビーム『私を殺して…』、『朝劇下北沢』の宮原将護、そして、KOKAMI@network 『僕らの好きだった革命』、映画『ロクヨン』の今村裕次郎の二人です。

■宮原将護・今村裕次郎インタビュー

—本作には、右近良之さん主宰「オハヨウ劇場40分!」で和泉ちぬさんの観劇からオファーを受けたお二人ですが、演者の立場としての『オハ劇』の魅力ってどんなところですか?

宮原:『オハ劇』に関していえば、「朝という事を活かして行こう!」という色んな業種の方がいらっしゃるのかなと思います。普段出会わない業種の方が、積極的にコミニュケーションを取ってくださるお客様が多いように思います。

今村:将護の言うとおり、『オハ劇』に関しては、普段、なかなか関わりが持てなかった異業種のみなさんと色んな話をする機会があります。その中で普段あまりお芝居を観る機会のないお客様に、まず、お芝居を観るきっかけになっていただいたり、僕らとだけじゃなくて、お客様同志の出会いと場になっていますね。普段、関われないような人との出会いや関われない場所での「演劇」が『オハ劇』の魅力でもありますね。

—さて、そんな『オハ劇』でもご活躍のお二人ですが、10月公演、和泉ちぬさん主宰 『黒鯛プロデュース』ご参加されての印象はいかがですか?

宮原:実は、稽古の方は、まだまだ始まったばかりなのですが、平川さん、ちぬさん、優里さんとそれこそ、色々な舞台・映像作品で経験を積まれたベテランの先輩方とご一緒させていただいて、この舞台の現場を通して学んだり感じさせられる事が、これからものすごく楽しみですね。

—今村さん、元宝塚歌劇団娘役トップの星奈優里さんとのお二人の絡みが凄く印象的でしたが、演じてみられていかがですか?

今村:凄いキャリアをお持ちの方なのですが、今回、それさえも感じさせてないくらい役の上で見て下さるので、本当、やってて楽しいですよ!

—宮原さん、松下萌子さんとのシーンは、息もピッタリで・・・

宮原:僕もドキッとしました。あんまりああいうシーンってなくて・・・ちょっと僕の役者人生上、初めてかもしれませんね。(笑)僕が今回、このカンパニーに参加させていただいて思ったことは、『大人が本気でふざけてる』。一個一個の規律は、大雑把にやっているようにみせて、意外とキッチリつめてるんですよ。そういう演劇の基本や細部をキチンとやってきた人が大人になって、できる『遊び』の部分だなって思います。それを深く今回の現場で感じています。僕は、まだそれができる年齢ではないですし、まだまだ至らないところがあるのですが・・・。大らかな現場のようでいて1回1回が勝負っていうヒリヒリした緊張感を持った稽古場です。

今村:先輩方とご一緒させていただいて、無意識に甘えさせていただいている部分があるのかもしれませんが、僕らも芝居をやってきた中で、僕らの世代の立場で演出家の方に提示していけたらなって思うところもあります。色んな世代の役者、スタッフが揃っていますのでそれが混ざり合って、よりいいものが出せたらなって思いますね。

—脚本を読んで印象的だったシーン、台詞はありますか?

今村:やっぱり『恋の骨折り損』というシェイクスピアが原作のお芝居ですので、その台詞やシーンがこのお芝居を通してお客様の心にどんな風に残っていくのかが楽しみだなって思いながら脚本読んでますね。

宮原:「楽しいかったなぁ・・・」って言う台詞です。ある場面でこの台詞を言って、昔を回想するのですが、その台詞を言うと本当に僕、楽しくなっちゃうんですよ。(笑)その時の台詞が好きですね!

—それでは、本作を楽しみにされているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

宮原:今回の僕のみどころは「歌」です!
1年365日、どこかの劇場で何かしらの舞台をやっていると思いますが、10月の公演の中で、いちばん面白い演劇を創っていきますので、是非、見に来て下さい!

今村:僕のみどこは、「鼻」です。

宮原:大きいからね。(笑)

今村:それはさておきですね。 今回、僕の演じる役は、今の日本の社会の縮図、社会における日本人のあり方が投影されている役と思います。
「あぁ、こうなっちゃうんだ」、「あぁ、こういう人いるよねぇ」身近に感じていただければなと思います。秋の夜長に池袋でお待ちしています!

黒鯛プロデュース 第15回公演 黒鯛版 笑うシェイクスピア!『恋の骨折り損』は、東京・池袋シアターグリーン Box in Box THEATER にて、10月18日(水)~22日(日)全9公演。

詳細は、黒鯛プロデュース公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る