映画『シュウカツ2』 完成披露イベントに、戸谷公人・溝口琢矢・染谷俊之・渡部秀・千葉誠治監督 登壇!

28日(日)東京・ヤクルトホールにて、2月24日(土)公開、映画『シュウカツ2』の完成披露イベントが開催され、戸谷公人、溝口琢矢、染谷俊之、渡部秀、千葉誠治監督の5人が登壇した。本作は、松竹映画『忍者狩り』の千葉誠治 監督の原作小説『シュウカツ』(光文社)の映像化シリーズ第二弾。頻繁しておこるブラック企業との就職トラブルを題材に、難問・奇問、極限の研修に翻弄されながらも内定を獲得しようと懸命にもがく若者達の姿をオムニバス形式で描くインテリジェント・サスペンスムービー。出演は、『科捜研の女』渡部秀、『ごくせん』戸谷公人に加え、本シリーズより『剣豪将軍義輝』染谷俊之、『ドリフェス!R』溝口琢矢が参入。舞台挨拶では、撮影現場での様子などを振り返った。

◆トークセッション

一次面接『ディベート』主演 戸谷公人・溝口琢矢

—ご自分の役柄はいかがでしたか?

戸谷:前回に引き続き、ちょっと強めの性格のキャラを演じました。琢矢の演じたキャラとは真逆の性格で、二人がどうなっていくのだろうというお話になっています。前作では1人でカメラに向かって演じたのですが、今回は10年来の付き合いになるのですが、琢矢との掛け合いも観ていただければと思います。

溝口:今までプライベートでもあんなに『ディベート』することがなかったので楽しかったです。公人くんが凄いしゃべるんですよ。日常では、僕の方がおしゃべりで真逆なんですよ。(笑)

—撮影現場ではいかがでしたか?

戸谷:千葉監督の台本って、結構難解なんですよ(笑)琢矢が前日にうちにやって来て、二人で台本読み合わせしましたね。

溝口:解釈あわせみたいな感じのことをしましたね。言葉尻を変えると解釈が違ってくるので「ここは変えないで下さい」とか、とにかく難解なんですよ。

千葉:一回目は色々な事をやりましたので、二回目は突出したことをと思いまして、一話目の二人は一番大変だったかなと思いますね。

—仕上がりはいかがでしたか?

戸谷:結果、「あっ、これ千葉さんの作品だな」って思える仕上がりになったと思います。自分としては、精一杯やりました。

溝口:解釈した上で、撮影に臨んだのですが、作品を観て改めてやっぱり難しいなぁと思いました。じっくりもう一度観たいなぁと思いました。

二次面接『入社前研修』主演 染谷俊之

—ご自分の役柄はいかがでしたか?

染谷:第二話自体が、ちょっとホラー仕立てになっておりまして、途中、中途面接で振り回されるのかなぁと思いきや・・・でして、楽しく演じさせていただきました!

—撮影当時はいかがでしたか?

染谷:蝉の声とか台風とか「音」の問題でで取り直しが何度かあって、スタッフの皆さんを盛り上げる為に、「あと100回やりましょう!」って言ったら みなさん「シーン」ってなっちゃって、嫌味とかそう意味ではなかったんですけど。(苦笑)

千葉:シュウカツシリーズの中では、初めて外に出た撮影だったので、そのあたりが大変でしたね。

—仕上がりはいかがでしたか?

染谷:人間が一番怖いと思いましたね。みなさんもシュウカツには気をつけて下さいね。

—島津健太郎さん、肘井美佳さんとのお芝居はいかがでしたか?

染谷:島津健太郎さんは、いい意味で怪しい雰囲気をかもし出していらっしゃったので凄い芝居がやりやすかったです。こんな人がいたら絶対この会社受けないって思いました。(笑)肘井美佳さんとはその日の昼に集まって、終わったのが次の日の9時半だったんですね。役も深夜の役だったので、どんどんその役に入り込んでいっていい役作りができました。

最終面接『報復面接』主演 渡部秀

—ご自分の役柄はいかがでしたか?

渡部:僕が演じた役は、内定を取り消された男と取り消した企業の面接官との戦いを描いた作品です。前回は、シュウカツ生同士の戦いだったのですが、今回は、面接官との闘いということで、諌山さんと言葉のラリーの応酬劇が続くシーンがあり、現場は大変さもあったのですが楽しくもありました。前回は純粋度MAXな役柄だったのですが、今回はちょっと・・・(笑)テーマが「報復」ということでその役柄を構築させていただきました。

—撮影当時はいかがでしたか?

渡部:順調でしたね。

千葉監督:そうですね。諌山さんもすごく秀がやりやすいよう気を使ってくれて受けの芝居をやってくれましたね。

—仕上がりはいかがでしたか?

渡部:ワンシチュエーションの作品というのは、観る方も集中力のいる作品だと思います。今回、膨大な台詞量が膨大でしたので、観てくださる方が聞き取りやすい台詞のかけ方を意識しながら演じました。

—諌山幸治さんとのお芝居はいかがでしたか?

渡部:必死でくらいついて行きましたね。凄い楽しい現場でした。

最後のメッセージ

戸谷:朝早くから観に来ていただいてありがとうございます。何回観ても色んな深いところを観ていただける作品だと思います。本日はありがとうございました!

渡部:僕が映画をやる度に、今、ドラマ『科捜研の女』でご一緒させていただいている沢口靖子さんが毎回観に来て「あなた素敵だったわね!」って声をかけて下さいます。今回もそう言っていただけるよう頑張りました。みなさんも是非、お時間がありましたら何度でも観ていただければと思います。本当にありがとうございました!

溝口:僕も『シュウカツ2』からの参加だったのですが、結構暗めの話も多かったのですが、撮影は本当に凄い楽しかったです。皆さん何回も観て、是非この作品の面白さを見出していただければと思います。よろしくお願いします!

染谷:寒い中、ご来場いただきありがとうございました!『シュウカツ2』から初めて参加させていただいたのですが、こんなにたくさんのみなさんに観ていただけてとても嬉しく思います。今回になりましたら是非何度でも劇場に足を運んで観て下さい。本日はご来場いただきましてありがとうございました!

千葉監督:みなさんにたくさん観ていただいて『シュウカツ1』が成功させていただいて、『シュウカツ2』が撮れて本当にみなさんに感謝しております。私も宣伝頑張っていきますのでみなさん是非応援して下さい!よろしくお願い致します。

映画『シュウカツ2』は、2月18日(日)先行上映、2月24日(土)より面接官リベンジロードショー!!
最新情報は、映画『シュウカツ2』公式サイトへ

配給:ノースシーケーワイ©2018『SHUKATSU 2』面接委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

ページ上部へ戻る