戸田恵梨香・大原櫻子ダブル主演『あの日のオルガン』製作決定!

戸田恵梨香・大原櫻子のダブル主演にて、映画『あの日のオルガン』(2019年、陽春公開)の製作が明らかになった。監督は、『小さいおうち』『母と暮せば』『家族はつらいよ』などで、山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子。物語は、第二次世界大戦末期、東京大空襲の戦火を逃れた知られざる「疎開保育園」の実話を映画化。

保母たちのリーダー、板倉楓役には、『SPEC』『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』シリーズといったエンタテインメント作品で幅広い役柄に挑戦してきた演技派・戸田恵梨香。もう一人の主役、保母の野々宮光枝役には、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でスクリーンデビューを飾り、歌手としては紅白歌合戦に出場と、女優として歌手としてフィールドを広げる大原櫻子。

3月のクランクインに向けてのダブル主演の戸田恵梨香、大原櫻子、平松恵美子監督のコメントは以下のとおり。

戸田恵梨香【板倉楓役】

子供達を必死に守り抜いた保母さん達は、今では考えられないほどのプレッシャーと苦労だったに違いなく・・・この作品に参加する事を私自身大きな責任と感じています。向き合う事が大変恐ろしくも感じますが、強く生きた女性の姿を力強く懸命に演じたいと思います。

大原櫻子【野々宮光枝役】
今回、野々宮光枝役をやらせていただきます。実話をベースにした今回の題材。戦時中の話なので、その時代を勉強して撮影に臨みたいと思います。私は元々子供が大好きで、最初お話をいただいた時は、素直に嬉しかったです。保母さんは並大抵の苦労ではできないお仕事ですが、光枝のキャラクターは楽しんで演じられると思います。

平松恵美子【監督・脚本】
太平洋戦争中の学童疎開は有名だが、未就学児の集団疎開については殆ど知られていない。しかもそれを言い出し、何十人もの子どもたちと疎開を実行したのが二十歳そこそこの若い保母たちだったことは尚更だろう。幼い子どもたちの命を守るために起こしたこの行動は、彼女たちの戦争に対する精一杯の抵抗ではなかったか。隠れた英雄である保母を戸田恵梨香さん、大原櫻子さんたちと創り上げていくことは胸躍る体験となるに違いない。

映画「あの日のオルガン」は、2019年陽春、新宿ピカデリー他全国ロードショー予定。

詳細は、映画「あの日のオルガン」公式サイトへ

《作品概要》

映画「あの日のオルガン」
出演:戸田恵梨香 大原櫻子
監督・脚本:平松恵美子

あらすじ
第二次世界大戦末期、警報が鳴っては防空壕に避難する生活が続く1944年、東京品川の戸越保育所では、保母たちが保育所の疎開を模索していた。まだ幼い園児たちを手放す不安、迫りくる空襲から子供たちだけでも助けたい、と意見の分かれる親たちを保母たちが必死に説得する中、埼玉に受け入れ先の寺がみつかる。
荒れ寺での疎開生活をスタートした若い保母たちと幼い園児たちを待っていたのは、毎日わき出てくる問題との戦いの日々。それでも若き保母たちは子供たちと向き合い、毎日ひたむきに励ましあいながら奮闘していた。そんな彼女たちにも空襲の影がせまっていた。

(C)映画「あの日のオルガン」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る