『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』 2020年早春 全国公開決定!

12月22日(土)、幕張メッセで開催中の「ジャンプフェスタ2019」にて、「新テニスの王子様」のステージイベントが行われ、原作者の許斐 剛ほか、声優の皆川純子(越前リョーマ役)、置鮎龍太郎(手塚国光役)、近藤孝行(大石秀一郎役)、甲斐田ゆき(不二周助役)、さらに、テニミュ青学レギュラーキャスト陣(阿久津仁愛、青木 瞭、江副貴紀、皆木一舞、田口 司、竹ノ内大輔、岩田知樹、大久保 樹、中島拓人)が登壇した。

多くのファンの熱気と期待に包まれる中、許斐の口から遂に劇場版のタイトル(『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』)と、公開時期(「2020年早春全国公開」)が発表された。

本作では、原作では描かれていない「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」の物語の間にある空白の3か月に迫るエピソードが展開されるが、今回、新しく物語の構想を練り、完全オリジナルで作り上げたという。

タイトルロゴもスクリーンに投影され、「ステンドグラスをイメージして作りました。一つ一つの色は、各学校のカラーになっているんです」と強いこだわりを明かしつつ、「本日から立ち上がる映画公式サイトにもアップされるので、ぜひチェックしてみてください」と呼び掛けた。

さらに、許斐渾身の本作のイメージビジュアルがお披露目されると、会場のボルテージは最高潮に!

左手にテニスラケット、着物を腰に巻き、凛々しい表情を浮かべる主人公の越前リョーマの後ろに映るのは刀を構えたサムライの影。これまで数々の予想と常識を超えた展開を見せてきた本シリーズが、最新作でさらなるパワーアップをすることを誓った。

また、本作が2020年早春公開であることが明かされると、許斐は「オリンピックイヤーの幕開けとして、“テニプリ”を世界に持っていきたいです。世界に通じるコンテンツだということを知らしめたいと思います!皆さん、ぜひ楽しみに待っていてください!」と力強い言葉で締めくくった。

最後には、自身が作詞・作曲を手掛けた「テニプリっていいな」を許斐自らが熱唱し、万雷の拍手に包まれイベントは幕を閉じた。

製作総指揮・許斐 剛による新たなる劇場版『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』は、<2020年早春>全国公開!

また、本日より本作の映画公式サイトもオープン!(https://gaga.ne.jp/RYOMA_MOVIE/)詳細は、公式サイトへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る