若手人気YouTuberも出演!「劇団スカッシュ」待望の最新作「日々ココモ」(前編)配信開始!連動舞台公演「Blue」7月上演!

日々ココモ

昨年、空前の大ヒットを記録したYouTubeドラマ「隙間男2」、その後も「秒速ドリーマー」や「悪い人」と話題作を生み出し続け、その圧倒的なクオリティと作品性からYouTube内外から高い評価を得る劇団スカッシュ。昨年末には、同タイトル配信後に行われた舞台版「秒速ドリーマー」も連日の満席と好評を博し、オンライン、オフラインの垣根を超え活躍の場を広げ続ける彼らの最新作「日々ココモ」の前編が、6/17(金)より配信スタート!


・出演:劇団スカッシュ / MAHOTO / シルクロード(Fischer’s) / 繭 / 櫻井拓斗 / 若林春花 / 如月さや
・主題歌:財部亮治「Kokomo」▶︎https://www.youtube.com/user/0607RJ
・Produced by BREAKER Inc.

本作は7/21(木)からスタートする舞台「Blue」の1年前に起きた、海と空と馬鹿な男達の話。視聴後に舞台「Blue」と続けて鑑賞すれば様々な発見が隠されており、更に楽しめる内容となっている。

「ココモ(Kokomo)」は、1988年にザ・ビーチ・ボーイズが発表した名曲であり、大塚竜也が脚本を考えた際に当時アメリカでよく耳にしたこの曲を思い出し、「ココモ」のような夏っぽさをとインスパイアされた事からタイトルに選ばれた。

ゲストには、これまで「隙間男2」や「サラリーマンは踊る」で劇団スカッシュと共演を果たしてきた人気YouTuberのMAHOTOが参加!更には、現在人気急上昇中の若手人気YouTuberのFischer’sのシルクロードが初共演を果たすなど、実力と人気、そして話題性を兼ね備えた共演者も魅力の一つ。

そして、本作の主題歌には音楽を中心にそのマルチな才能でYouTubeで人気を得るシンガーソングライターの財部亮治が、夏の物語に更なる彩りを加える楽曲を提供している。

後編は6/24(金)19:00から配信予定。現在残席わずかとなった劇団スカッシュのリアルな魅力が詰まった舞台「Blue」は7/21(木)から公演を開始!ドラマと舞台、この2作品で更に夏を感じられること間違いなしの仕上がりとなっている。

劇団スカッシュ舞台公演『Blue』は、2016.7/21(木)〜8/2(火) シアターグリーン BIG TREE THEATERにて上演!
チケットはコチラから▶︎ http://e-squash.jp/6384/

■劇団スカッシュ

劇団スカッシュ_アー写

大塚竜也、前川健二、大塚祐也、中田大地の4名からなる劇団。公演などの活動に加え、YouTubeにドラマ動画を公開し、卓越したストーリー性と制作クオリティの高さで人気を得る。「YouTube NextUp 2011」、「YouTube VideoAwards Japan 2011」特撮・実写部門大賞を受賞。YouTube Space Tokyoオープニング企画として制作した動画作品群「Stalking Vampire~隙間男~」は、シリーズ累計再生700万回以上の大ヒットを記録、近作では日本と世界のYouTuberが勢ぞろいし、2015年8月に公開された最新ドラマ「隙間男2」で総再生回数が4000万回を超え、日本のYouTube記録を今もなお更新し続けている。現在オフィシャルYouTubeチャンネルは30万人を超える登録者を集め、合計再生数1億4千万回以上を獲得している。

【YouTube】http://www.youtube.com/user/SQUASHfilms

【ウェブサイト】http://e-squash.jp/

【Twitter】 @gekidan_SQUASH(http://twitter.com/gekidan_squash)

【Facebook】facebook.com/gekidan.squash

■ BREAKER
breakerロゴ
ブレイカーは、日本初の次世代メディア・エンターテインメント・カンパニー。独自のネットワークとテクノロジーにより、個人クリエイター、アーティスト、ブランド、メディア企業、そして、日本と世界の垣根を超えて、動画とソーシャルメディアを中心としたエンターテインメント戦略を包括的にプロデュースしています。このことが世界中から注目され、国内だけでなく世界中から出資。ブレイカーはMTV Japan 元Vice President のアレン・スワーツとDFR ASIAのCo-founder ジョン・ポスマンによって2013 年に創設された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る