坂本龍馬(CV小野大輔)との電話コンテンツ公開!メットライフ生命『龍馬 meets MetLife』

【0728(木)15時解禁】龍馬 meets MetLife

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャー、以下「メットライフ生命」)は、期間限定Web コンテンツ『龍馬 meets MetLife』を、6 月 30 日(木)よりメットライフ生命公式サイト内の情報発信ページ、MetLifeOnline(http://www.metlife.co.jp/online/)で公開中!

およそ 150 年前にアメリカ・ニューヨークで誕生したメットライフの歩みを、同時代、幕末の日本で活躍した坂本龍馬と重ねて、Web 上で全 3 話にわたって配信中!

さらに新企画として、メットライフ生命公式 Twitter(https://twitter.com/MetLifeJp)と連動した新コンテンツ「龍馬からの“てれふぉん”」(ボイスメッセージ)を7月28日(木)から公開された。現代と過去がつながる架空の世界を舞台に、電話を通じた歴史上の偉人とのコミュニケーションのひとときをお楽める内容となっている。

「龍馬からの“てれふぉん”」は、坂本龍馬との電話をお楽しみいただけるボイスコンテンツ。7月28日(木)から毎週木曜に 4 回にわたって全 4 種を公開します。龍馬へとつながる電話番号は、メットライフ生命公式 Twitter 上でツイートされる。

主人公で、今年没後およそ 150 年を迎える幕末の偉人・坂本龍馬役には、高知県出身で観光特使も務める声優・小野大輔を起用。人気アニメ「おそ松さん」の十四松役などで多くのファンを魅了する彼が、郷土の英雄・龍馬を土佐弁で演じます。初めて電話を手にした龍馬は、「なんじゃこの四角い物体は…ん!? “てれふぉん”!? “ついったー”の次にまぁたすごいもんが現れちゅう!この数字でわしの“てれふぉん”に繋がるっちゅうがか!?」と愛嬌たっぷりに語りかける内容となっている。

onodaisuke (1)

※電話の内容は以下の通り。毎週木曜更新。全4種を公開。

☆1本目:7月28日(木)公開
“ついったあー”に続いて、龍馬は初めて見る四角い物体、“てれふぉん”に興味津々。
でも、使い方は大丈夫? 勝海舟先生に教わった方がよさそう…。

☆2本目:8月4日(木) 公開
“てれふぉん”の使い方を覚えて、えらく“てんしょん”が上がっている龍馬。
とにかくみなさんと”てれふぉん”できるのが、うれしくて仕方がないようです。

☆3本目:8月11日(木) 公開
この日はちょっと様子がおかしい龍馬。
どうやら、勝先生から大目玉をくうような“何か”をしてしまったようで・・・。

☆4本目:8月18日(木) 公開
4本目の内容は、“てれふぉん“を聞いてからのお楽しみ!
【声優紹介】

小野大輔

1978 年生まれ 高知県出身/声優、アーティスト
代表作に「おそ松さん」(松野十四松役)、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ(空条承太郎役)、「黒執事」シリーズ(セバスチャン・ミカエリス役)など。2010 年には高知県観光特使にも任命され、ふるさとの観光プロモーションにも取り組んでいる。

【時代考証紹介】

山田順子

1953 年生まれ 時代考証家
1982 年から「クイズ面白ゼミナール」(NHK)の歴史クイズの出題・構成を担当。以後、多くの番組で時代考証と構成を担当。最近ではドラマ『JIN-仁-』(TBS)『一休さん』(CX)『天皇の料理番』(TBS)『サムライせんせい』(テレ朝)の時代考証を担当する。

【本企画を公開するにあたり】

幕末の偉人、坂本龍馬、今年、没後およそ 150 年を迎えます。

動乱の時代、新たな世界を見据えた高い志は現在も多くの人の尊敬を集め、その人物像は小説、ドラマなどを通じ世代をこえ愛されています。

図らずもメットライフ生命の親会社であるメットライフは坂本龍馬と同じ時代、アメリカ・ニューヨークで小さな産声を上げました。その活動は国土を二分した南北戦争(1861 年~1865 年)により傷ついた多くの傷病者たちの生活を救えないか、という想いに原点があります。

保障のない時代、社会のセーフティネットを志したメットライフの歩みを、同時代に日本の新たな夜明けを目指した坂本龍馬の足跡を辿りながら、当社の歴史、そして現在を本企画を通じ少しでも知っていただければ幸いです。

【メットライフ生命について】

メットライフ生命は、日本初の外資系生命保険会社として 1973 年に日本国内で営業を開始し、多様な販売チャネルを通して、個人・法人のお客さまに革新的かつ幅広いリスクに対応できる商品を提供してまいりました。現在は日本法人「メットライフ生命保険株式会社」として、お客さまに常に寄り添い、お客さま自らが自信を持って最適な保障を選ぶお手伝いをし続けることに努めています。(2016 年 6 月現在)

メットライフ生命公式サイト http://www.metlife.co.jp/

【メットライフについて】

メットライフはおよそ 150 年前に設立し、約 50 カ国で 1 億人のお客さまに生命保険、年金、従業員福利厚生、資産運用サービスを提供する世界最大級の生命保険グループ会社です。子会社および関連会社を通して、米国、日本、中南米、アジア、ヨーロッパ、中東においてマーケットリーダーとして事業を展開しています。(2016 年 6月現在)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る