向​井理×斎藤工のW主演で最速ドラマ化!ベス​トセラー作家・池井戸潤の最新作「連続ドラ​マW アキラとあきら」7月O.A決定!

0000_XXX_poster_tate_Z

池井戸潤が徳間書店発行の月刊小説誌「問題小説」にて 2006 年から 2009 年にかけて連載していた「アキラとあきら」。単行本化されていなかったその作品が、オリジナル文庫として刊行されるのに合わせ WOWOW で来る7月に異例の最速ドラマ化されることが本日明らかになった。

WOWOWが池井戸作品を手掛けるのは「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」(09 年/全5 話)「連続ドラマW 下町ロケット」(11 年/全 5 話)「連続ドラマW 株価暴落」(14 年/全 5 話)に次いで4作目だが、今回はその中でも最長の全9話で制作。スリリングな展開と重厚な人間ドラマが持ち味の池井戸作品をじっくりと堪能できる。

大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(かいどうあきら)。父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛(やまざきあきら)。2 人の人生は、何かに導かれるように交差する。

幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折…。人生のキーワードを盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、「アキラとあきら」の“宿命”のドラマを描く。

彬役には 6 月に自らが企画した映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』の公開が控える向井理、瑛役には俳優としてだけではなく、映画情報番組「映画工房」の司会など幅広い分野で活躍する斎藤工。W主演の2人は連続ドラマW初登場となる!!尚、原作は大幅な加筆修正を加え、2017 年 5 月 31 日に文庫判で発売される予定。

詳細は、「連続ドラ​マW アキラとあきら」特設サイトへ

<ストーリー>

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行の新人研修が行なわれていた。その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。それぞれのチームの代表は東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)。彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側になり、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げた。日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として生まれ王道を歩んできたエリート、階堂彬。父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才、山崎瑛。2人はそれぞれの力で人生を切り開き、同じ産業中央銀行に入行した。実は2人の人生はこれまでにも交差していた。しかし、2人はまだその事実に気付いていない。
良き友人、良きライバルとして互いに刺激し合いながら、バンカーとして苦難を乗り越えていく2人。そして“宿命”としか言いようのな
い、過酷な試練が2人に降り掛かる・・・。

原作:池井戸潤「アキラとあきら」(徳間文庫 2017 年 5 月 31 日刊行予定)
脚本:前川洋一(「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW 下町ロケット」)
監督:水谷俊之、鈴木浩介(「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW 下町ロケット」)
音楽:羽岡佳(「連続ドラマW 楽園」「連続ドラマW 下町ロケット」)
出演:向井理、斎藤工ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る