映画『不能犯』松坂桃李・沢尻エリカ、リアル宇相吹・メンタリストDaiGoと緊迫の心理戦!

23日(火)、スペースFS汐留にて映画『不能犯』公開直前イベントが行われ、松坂桃李、沢尻エリカが登壇。さらに、松坂桃李演じる宇相吹正が“思い込み”や“マインドコントロール”を利用して人を死に導くキャラクターであることにちなみ、人の心を操るスペシャリスト・DaiGoも登場。DaiGo VS 松坂桃李・沢尻エリカ 緊迫の心理戦に会場は盛り上がった。

松坂は「雪もまだ残る中、お越しいただきありがとうございます。本日は最後まで楽しんで帰って下さい!」沢尻は「今日はお集まりいただきありがとうございます!最後までゆっくりと楽しんでください!」と挨拶。

いよいよ映画の公開が迫ってきた本作について、
松坂は「最近、ヒューマンなストーリーや胸キュン、涙を誘う作品が多い中で、2月1日にこういう背筋がゾクッと凍るような作品がお客さんにどう受け止められるのかが気になります」と明かした。試写での本作の好評の反響を受けて、「嬉しいですね!」と声を揃えた。

沢尻は「試写を観て、思いのほか怖かったんです。「うわっ!グロイ!」ってシーンも多かったのでそういうの苦手な方はどうなのかなと思ったのですが、実は、私好きなんですよね!ホラー映画も大好きなんですよね」と意外な趣味を吐露。松坂に、「ダメなんだよね?」と話をふられた松坂は、「ホラー映画基本NGなんで」と答え会場から笑いを誘った。撮影では幽霊が出没すると噂される廃墟での撮影もあり、そうとは知らずに撮影。撮影後明かされ「えーっ!」と驚いた当時を振り返った。

また、松坂演じるマインドコントロールでターゲットを死に追いやる男・宇相吹正と沢尻演じる、宇相吹が唯一コントロールできない多田刑事の対決が見どころのひとつとなる本作。現場での役作りへの取り組みについて尋ねられると「人間か人間じゃないかわからないような存在のキャラクターだったので、歩き方とか姿勢とかはスッスッスッと歩くよう気を付けましたね」とコメント。

現場での松坂は、宇相吹そのものだったようで、沢尻は「キャラクターが漫画からそのまま出てきた感じで、話しかけてはいけないようなオーラを纏っていて、役作りが流石だなと感じていました」と絶賛。役作りに勤しみながらも、沢尻たち刑事チーむが、現場で他キャストと和気藹々と過ごしている中、ひとりで過ごしていたことが多く、「僕がコミュニケーションとりはじめたのって、打ち上げのときからですね」と明かすと会場からは笑いが起こった。

また、今回そんな宇相吹と多田刑事の対決が見どころの本作にちなみ、サプライズゲストに“リアル宇相吹”ことメンタリストDaiGoを招いての心理戦が行われた。本作についてDaiGoは、「共感しました。今日は、見た目もメイクさんに寄せてもらったのですが、中身の方がもっと似てるとスタッフにも言われました。実は、“愚かだね人間は”という宇相吹の台詞がありますが、僕は一日に三回は使いますし、原作では猫を飼っている設定ですが、僕も二匹飼っていたりとだいたいあんな感じですよ」と主人公との共通点を明かし、松坂と沢尻を驚かせた。続けて「予想外のエンディングに感心しました。自分もこんな風に見られているのかと自分を見つめ直しました。」とメンタリストの立場からの感想を明かし、「思い込みで人を憎んだり殺人を犯したりというのは、実際に起きていることですよね。なので真面目な視点からいえば、現代が反映されているようなとても考えさせられる映画だと感じました」とコメント。また、宇相吹のようにマインドコントロールで殺人を犯すことは可能であることや、日常では知らず知らずの内にマインドコントロールをかけられ続けていることなど明かし、松坂は「DaiGoさんのコメントを聞いて、この作品に対してリアリティが増しました!」と自信を見せた。

心理戦について自信のほどを尋ねられると、松坂は「僕は簡単ですよ~」、一方の沢尻も「私もわかりやすいから簡単だと思いますね~その日の気分とかすぐ表情にでるし。ね、わかるでしょう?(笑)」と茶目っ気のあるコメント。

「ご自分で簡単だという方のほうが実は当てるのが難しいんです。かかりにくいと言っている方ほどわかりやすかったりするんですよ」と言いながらも心理戦を開始。用意された8色のマジックから、DaiGoの指示の元、マジックを一本選択させた。そして二人の選んだ色を見事に的中させ会場を盛り上げた。

最後に、沢尻は「本当にハラハラドキドキする、サスペンス作品に仕上がっています。最後まで思う存分楽しんでいってください!ありがとうございました!」松坂は「本日はありがとうございました。DaiGoさんの洗脳トーク、なんだか別途料金のようなお得感がありましたね(笑)沢尻さんも言ってくださったよう、後からゾクッとくるものが確かにある映画です。本日のイベントが公開に向けての良い起爆剤となって多くの方に作品が届いけばと思っています。是非みなさんに応援していただけると嬉しいです。本日は本当にありがとうございました!」と挨拶。大歓声につつまれてその日のイベントは終了した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

動画インタビュー!【小野由香特派員】

注目記事 TOP10!

ページ上部へ戻る