映画「新宿スワン」初日舞台挨拶レポート!

5月30日、TOHOシネマズ新宿にて、映画「新宿スワン」の初日舞台挨拶がおこなわれ、主演の綾野剛さん、山田孝之さん、沢尻エリカさん、金子ノブアキさん、深水元基さん、山田優さん、伊勢谷友介さん、園子温監督、脚本の鈴木おさむさん、山本又一朗プロデューサーが登壇した。MCは、辻よしなりアナウンサーが務めた。

tsuji

登壇時、注目を集めたのは、先日、映画「新宿スワン」の応援に、山田孝之さんの物真似メイクで登場したざわちんさんを物真似ての黒マスク姿の山田孝之さん。

531_01

山田孝之さんの登壇を待つ、綾野剛さんからも笑顔がこぼれた。キャスト・スタッフが勢ぞろいしたところで、初日開幕への想いを語った。

山本又一朗プロデューサー
yamamoto
「いっぱいご予定のある中で、今日、新宿スワン初日にお越しいただき、誠にありがとうございます。感激の想いでおります。なんと龍彦担当の女性が多いことか。その中で、たった2%しかいない男性ファンの方にも、僕は考えています。これは、ヤングマガジンという講談社の青年向けコミック。おそらくは男性方のファンが多いだろうと思いました。試写会をやりまして、大変強く思いましたのは、なんて多くの女性に訴求したのだろうということでございました。将来、どこへ行っても主役をやりそうな方々ばかり揃えて、私の思い出深い新宿の話で、僕は新宿の高校出身なんですね、僕は。青春時代、新宿で過ごしました。この新宿の街で映画を撮るということは、大変特別な思いがありました。仕上がった映画、まだ、ごらんになってないですね?楽しんでいただけると自信を持って、今日は、ご挨拶に伺いました。素晴らしい僕の映画の仲間たちが、色々話をしてくれます。どうぞゆっくりお楽しみ下さい。ありがとうございます。」

綾野剛さん
531_04
「みなさん、こんにちは。綾野剛と申します。ようやくこの日が迎えられました。この映画みなさんに観ていただいて、はじめて完成されると思います。今日は、本当に心から、みなさんにこうして会えること、本当感謝の極みです。うれしいです。」

531_03
「今日、山田孝之が来れなくて、ざわちんが今日も来てくれましてね。やっぱり似てますね。今日は、山田孝之でなくて、ざわちんが山田孝之にしています。南秀吉に扮して、今日もみなさんとお付き合いしていただいていますが。」と、山田孝之さんを紹介。MC辻よしなりさんも、山田孝之さんことざわちん様と一言お願い申し上げますと続けた。

山田孝之さん
531_05
「(ざわちんさんの)声がわからない。物真似したいと思ってるんですけどね。声だけは。すいません。今日は、山田の方です。」

伊勢谷友介さん
531_06
「今日は、来ていただいてありがとうございます。上映前で、まだ観てらいっしゃらない方が、観た方いらっしゃいますか?いらっしゃるんですね。じゃぁ、2回目楽しんでいって下さい。2回目、楽しむところは何処ですか?全部ですね。どうぞ、よろしくお願いします。ありがとうございました。」

沢尻エリカさん
531_0802
「みなさん、こんにちは。沢尻です。ありがとうございます。今日は、本当にうれしいです。本当に渾身の作品なので、楽しんで帰っていってください。」

金子ノブアキさん
531_09
「金子です。無事に初日を迎えられて、非常にうれしく思っております。短い時間ですが、楽しくやれればと思っております。よろしくお願いします。」

山田優さん
531_10
「みなさん、今日は・・・」と言いかけるも喉が不調で声がかすれてしまった山田優さん。

531_11
綾野剛さん、伊勢谷さんの二人にフォローをうけながら、なんとか声をふりしぼり、
「今日は、ありがとうございます。よろしくお願いします。」と観客にお詫びと感謝を述べた。

深水元基さん
531_1302
「本当に、今日という日が待ち遠しく、やっと公開だなぁーと。みなさん、楽しんで行って下さい。」

脚本の鈴木おさむさん
531_13
「脚本を担当させていただきました鈴木おさむです。うちの妻が、只今臨月でございまして、この映画を公開日に観て欲しいとお願いしたのですけれでも、いい男がたくさん出ていて、観ていると産気づきそうだから後にすると言われまして。イイ男がたくさん出ているっていいましたけど、この物語、女性のLOVEであり、切ない物語がとても好きです。そして、この映画はいったいどんな映画なんだろうと思って、昨日、ラジオで園さん(監督)が、僕のラジオで、すごい男に色気があるって言っていて、ハッと思って、この物語は、 BL(ボーイズ・ラブ)ってあるじゃないですか。骨太なBLだなって思いまして、そんな風に感じました。男の人で、好き過ぎてって言うか、なんか愛と愛で向き合っちゃって、殴りあうみたいな物語で、凄くカッコイイ映画だなって思っています。よろしくお願いします。」

園子温監督
531_14
「今日は、本当にこんなにたくさんのみなさんお集まりいただき、本当に感謝しております。先ほど、鈴木おさむ先生がおっしゃったようにですね。この映画は、男の色気と女の色気が交差してスパークしてぶつかる。激動の映画だと思うので、最後までゆっくりご鑑賞下さい。今日は、本当にありがとうございます。」

 

出演者、スタッフからの舞台挨拶に続き、クロストークが行われた。

—綾野剛さん、座長としての映画「新宿スワン」、今、どんなことが胸に去来しますか?

「もちろん自分にとっても渾身の作品ですので、間違いないですが、本当に、共演者が共犯者になってくれて、本当にキャスト・スタッフに支えられる作品になったと思っています。 とにかく走り抜いてよかったと思いますし、今日、本当にこの日を迎えられて感謝です。」「どうですか?みなさん。」と綾野剛さん、自撮り中の伊勢谷さんに水を向け、「えっ、俺に来ますか?」と伊勢谷さん。「なにやってるんですか、本当に自由なんですよね。(山田孝之さんを見つめながら)マスクなんかして、わけわかんない。」と綾野剛さん。「あとで、twitterのせるから。」という伊勢谷さんに、「のせて下さい。」と座長らしさも発揮し、共演キャストとの仲の良さを見せた。綾野剛さん、 「こんな作品です。本当に、ただ和気あいあいだけではなく、力強く見せるところは、見せて、特にみなさん4番バッターが集まってる中で戦っているんで」 と続けるも、「俺、4番じゃ・・・」とつぶやく山田孝之さん

531_16

「かつ、おさむ先生が言ってる骨太のBLということで・・・」と気丈にトークも続けるも、 やはり山田孝之さんをスルーもできず、たまらず「はぁー」と深いため息に、場内爆笑。「わかったよ、4番じゃ・・・4番だよ。おまえは。」と綾野剛さん。

—みなさん、4番だと僕は思いますが、4番ではないとおっしゃる山田孝之さん、ずっとごらんになっていて、今回の綾野剛さん、印象に残っているところどんなところあります?

531_15

山田孝之さん
「・・・。」

—お二人、大変仲が大変よいとうかがっていますが。

山田孝之さん
「一応、表ではそういうことに。お互い得するかなってことで。」に、場内爆笑。

綾野剛さん
「そうですね。」と苦笑いで答えた。

—綾野剛さんからごらんになって、山田孝之さんいかがでしたか?

綾野剛さん
「・・・。」と、息のあった受け答えで会場の笑いを誘った。

—伊勢谷さん、沢尻エリカちゃんどうでしたか?「ちゃん」なんてごめんなさいね。

伊勢谷さん
「僕、現場で会ってないんですよ。」

沢尻エリカさん
「からみのシーンがないんですよ。」

綾野剛さん
「僕に聞いていただければ。」

—では、綾野さん、一言お願いします。

綾野剛さん
「もう、エリカ様ではないですよ。観ていただいてわかるとうりこの10年間の中で、一番可愛い沢尻エリカが観られるんで、
エリカちゃんって呼ばれる可愛さです。」

—それを受けて、エリカちゃんいかがですか?

沢尻エリカさん
「うれしいです。アゲハって、ちょっと若い設定の女の子だったんですけど、可愛らしさと若さを大切にやってたので、うまく出せたらいいなぁと思ってやっていたので、うれしいです。」

—ここ新宿じゃないですか?目の前には、歌舞伎町が広がっているんですけど、素足で、街中を走っていらっしゃいましたけど、痛くなかったですか?」

沢尻エリカさん
「痛さとか全然、気にならなかったですけど、本当にテストも何もなく、今から行くよ!本番!って二人で走ったんですけども、もう観てるってよりも本当に居てる人ですよね。
本編に使われているんですけど、二人で手をつないで走っている時に、前から来るおじさんがいて、どうしよう、止まることもできないし、くぐっちゃえ!みたいな感じに。」

綾野剛さん、沢尻エリカさんと手をつなぎ、山田孝之さんをくぐりながら、
「こういう感じに、なりました。」

沢尻エリカさん
「そういうこともありぃーので、面白かったです。」

—監督、エリカちゃんに走ってもらいましたけど、どんな感じで。

園子温監督
「いや、もう、エリカちゃんと言わなきゃいけないです?エリカさんのこの映画にかける心意気っていうのは、ものすごく迫力が感じられるので、それにのまれる形で、自然と。彼女も特に何かを言うわけでもなく、サァーと走り出して、そんな感じでしたね。言われると、大変な事をしてしまったなぁと思うんですけど、当時、現場では自然な流れでしたね。」

—綾野さん、自然な流れでということが、撮影の中で多かったということですが、実際のところどうだったですか?

綾野剛さん
「自然な流れと申しますと、園さんとかが休憩中とかに、見学してきた子達にスカウトして、その2分後には、エキストラとして参加していたりとか、僕がスカウトするシーンとかも、途中まで、エキストラなんですけれども、途中から一般の方がどんどん入ってきて、園さんが、「早く、行けー行けー」みたいな感じで。」

—自然なようでいて、自然じゃないことが起こっていたんですね。

綾野剛さん
「そうですね。」

—監督、撮影に、浜松という場所を選ばれた。浜松が実はいっぱい出てくる、新宿のように。

園子温監督
「そうですね。でも、すごく見事なCGのお陰で、新宿のシーンと浜松のシーン、ここは、浜松だなぁとかは、まったくわからないようになってると思いますけど。」

—何か、浜松での思い出はありますでしょうか?

園子温監督
「すごく熱烈大歓迎をしていただいて、一瞬、撮影が止まったりしたんですけれども、僕は逆にあの熱気が、新宿を表現する上では良かったと思っているので、ある種、迷惑かけてごめんなさいって浜松の人に言われるんですけど、僕はそんなに思ってなくて、熱気を画面の中に取り込めたと、そういう風に思っています。素晴らしかったです。」

—綾野さん、今回は、クランクイン、クランクアップ、その後のですね、キャンペーン。色んなところ行ったと思いますけど、一番の思い出深いところは?

「大阪、僕好きなんで、色々思い出がありますし、それぞれ面白いことたくさんあったんで、最後、九州に沢尻が来てくれたんですけど、朝から莫大な量の雑誌の取材が来てくれたんですけど、「喜んで!」って感じでやってくれて、大阪は、優も来てくれましたし、あっくん(金子ノブアキさん)も来てくれて。楽しかったです。」

—鈴木おさむさんに、沢尻エリカさんの魅力について

「やっぱり、今回、凄い役じゃないですか?色気がないと、絶対ダメなんですよ。演じるアゲハというのが、凄く色っぽいですし、凄く哀しい話なんですけども、あの役をやるという覚悟というか、やり切った力を普通の女優じゃないなと思いました。」

—山田孝之さん、沢尻エリカちゃんどうでしたか。
「秀吉の悪さにどんどんはまって来てくれたから、すごいやりやすかったです。」

会見後のフォトセッションは、観客席にも数分間の撮影許可タイムがあり、客席から歓喜の声が上がった。この日は、白鳥龍彦の金髪にちなんで、客席の一部に金髪のカツラがプレゼントされており、キャスト、スタッフ、客席一丸となってのバックフォトセッションに、場内、大いに盛り上がった。

531_19

最後に、綾野剛さんのメッセージで締めくくられた。
「みなさん、新宿スワン、本当にこの作品、色々な思いがつまっています。みていただけたら、本当にわかると思います。聞いてるみんな?次から、エリカ様じゃなくて、エリカちゃんでお願いしますね。本当に愛情にあふれた作品になっております。その愛をみなさんの胸にともして頂ければ幸いですし、今日のこの思い出を、愛をまた、つないでいってもらえたらうれしいですし、いろんな方にこの作品に触れていただけますよう、どうぞお力をかして下さい。よろしくお願いします。」

映画「新宿スワン」は、5月30日(土)より、絶賛上映中!

詳細は公式サイトへ
http://shinjuku-swan.jp/



新宿スワン
5月30日(土)全国ロードショー
5月7日よりdTVにて映画を6話に分けて順次配信中
(C)2015「新宿スワン」制作委員会
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る