ディーン・フジオカ主演! 映画『NINJA THE MONSTER』 2月20日(土) “逆輸入”日本公開決定!!

現在NHK連続テレビ小説「あさが来た」五代友厚役で大ブレイク中のディーン・フジオカ主演、映画『NINJA THE MONSTER』 の日本公開が2月20日(土)に決定した。

本作は、松竹映画が若手映画人育成のために発足したブルーラインレーベル初の海外マーケットを狙って製作された作品。カナダのファンタジア国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、今年3月末に開催される世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭への正式出品も決定している。

主演のディーン・フジオカは、福島県出身の日本人俳優。高校卒業後アメリカ、シアトルの大学を経て、香港、台湾のドラマ、映画、TVCFで活躍。インドネシアでは音楽活動も行う国際派俳優。

本作でディーン・フジオカが扮する伝蔵は、身分を隠し、命を懸けて姫を守り抜こうとする忍。ヒロイン・幸姫役には、現在放送中の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出演の若手人気女優、森川葵。
★sub NINJA場面写真(幸姫)

監督は、『太秦ライムライト』で海外映画祭にて多数の受賞を果たした落合賢が務め、脚本は『超高速!参勤交代』の土橋章宏によるオリジナル。ハリウッドから撮影・VFXスタッフも参加し、国際派のスタッフによって製作されている。NINJA海外用キービジュアル

映画『NINJA THE MONSTER』は、2月20日(土)より東京・新宿ピカデリー、愛知・ミッドランドスクエアシネマ 、大阪・なんばパークスシネマにて1週間限定上映。
最近情報は、映画『NINJA THE MONSTER』公式サイトへ

映画『NINJA THE MONSTER』

出演:ディーン・フジオカ 森川葵 和田聰宏
監督:落合賢(『太秦ライムライト』『タイガーマスク』)
脚本:土橋章宏(『超高速!参勤交代』)
音楽:HENDRIK WILLEMYNS

ストーリー
忍びは脅威だと危険視され、幕府が「忍者禁止令」を発布。もはや忍は存在しないと思われていた時代。
長野藩の救済を乞う為に江戸へと向かう幸姫(森川葵)ら一行の中には、忍であることを伏せている伝蔵(ディーン・フジオカ)がいた。道中、山へと入っていく一行を襲う“もののけ”が突如現れる。江戸へたどり着かなければ藩を取り潰されてしまう幸姫。命がけの旅。いつしか2人の間には特別な思いが芽生え始めていた。
果たして伝蔵は“もののけ”から幸姫を守り、無事に山を抜けることが出来るのか。そして、二人の切ない運命は――。

企画・制作:松竹
配給:松竹株式会社メディア事業部
(C)2015 松竹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

ページ上部へ戻る